大人の色気を漂わせる「アルピナ B5リムジン/B5ツーリング」が遂に日本デビュー

IGNITE / 2021年3月3日 13時0分

写真

BMW 5シリーズをベースに“アルピナの魔力”を注入した「B5リムジン」と「B5ツーリング」が型式認証を取得し、2月2日から日本での販売をスタートした。これによって5シリーズの高性能モデルが出揃い、その選択はさらに悩ましいものになっている。

[nextpage title=”800Nmという最大トルクは5シリーズ最強”]

アルピナ B5が搭載する4.4リッターのV8ビ・ターボ(Bi-Turbo)は8速ATとの組み合わせにより、最高出力621ps/5,500-6,500rpm、最大トルク800Nm/2,000-5,000rpmを発生。0-100km/h加速は3.4秒(リムジン)/3.6秒(ツーリング)で駆けぬける。

5シリーズの高性能モデルである「M550i xDrive」や「M5」、さらには「M5コンペティション」と比べると、最高出力こそ「M5コンペティション(625ps)」にわずかながら及ばないものの、「M5(600ps)」や「M550i xDrive(530ps)」は大きく引き離している。

そして、最大トルクは5シリーズ最強となる800Nmを誇り、他の3モデルを+50Nmも上回っている。また、330km/hに達する最高速度(リムジン)も、5シリーズトップとなる。

そのほか、後輪重視のセッティングとしたxDrive(4WDシステム)やアルピナ・スポーツ・サスペンション、官能的なサウンドを響かせるアクティブ・エキゾースト・フラップ(スポーツ⇔コンフォート)などを装備する。

エクステリアは、先代モデルでは「Luxury」をベースとしていたが、今回は「M Sport」をベースに開発されている。そのデザインからは、上質スポーティな大人の色気が漂う。具体的には、約40%拡大された大型エアインテークやリアエプロンに組み込まれた左右のツインテールパイプ、伝統の20スポーク・アルミホイールなどを特徴とする。

一方のインテリアも、アルピナテイストへとお色直し。コンフォートシートやHiFiスピーカー・システムといった快適装備を充実させつつ、類まれなるクラフトマンシップによって所有欲を満たす仕立てとしている。

価格は1,898万円~。ちなみに「M550i xDrive」は1,319万円、「M5」は1,792万円、「M5コンペティション」は1,877万円。

■グレードおよび価格
アルピナ B5 リムジン(左ハンドル)=1,898万円
アルピナ B5 リムジン(右ハンドル)=1,939万円

アルピナ B5 ツーリング(左ハンドル)=1,977万9,000円
アルピナ B5 ツーリング(右ハンドル)=2,018万9,000円

(zlatan)

画像元:ニコル・オートモビルズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング