1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【まとめ】冬の味覚を満喫!蟹のコースを味わえる上質な宿5選

IGNITE / 2023年11月11日 20時0分

写真

冬の味覚として「蟹」を挙げる人も多いのでは。今回は、シーズンを迎える蟹を存分に堪能できる宿を5つ紹介する。人気の「松葉がに」や「越前がに」など、贅沢な蟹料理に舌鼓を打ってみては。

目次
・【石川県】名湯と加能ガニを堪能「吉祥やまなか」
・【兵庫県】松葉がにのフルコースを満喫「休暇村竹野海岸」
・【石川県】香箱蟹と郷土料理を味わう「金沢東急ホテル」
・【石川県】夜景を眺めながら絶品ズワイガニに舌鼓「ホテル金沢」
・【福井県】海沿いの古民家宿で越前がにを存分に味わう「料理宿やまざき」

【石川県】名湯と加能ガニを堪能「吉祥やまなか」

北陸随一の渓谷美と名高い「鶴仙渓(かくせんけい)」沿いの湯宿「吉祥やまなか」。同宿では、2024年3月20日(水)までの期間(*1)、「のどぐろ・和牛会席」に石川県が誇るブランド「加能ガニ」を一人につき1杯プラスした夕食付き宿泊プランを提供している。

石川県で水揚げされたズワイガニのオス「加能ガニ」。青色のタグは甲羅幅9センチ以上で、身入りのいいものの目印

全国トップクラスの厳しい基準を満たした石川県で水揚げされたオスのズワイガニ「加能ガニ」は、漁港の名称を刻印した青タグが付けられている。

栄養豊富な日本海で育ち、太い脚には身がぎっしりと詰まっており食べ応えも十分だ。絶妙な塩加減でふっくらとボイルされ、しっとりとした身質と繊細な甘みと旨みを堪能できる。

また同プランでは「加能ガニ」をはじめ、脂のりの良さから白身のトロと称される“のどぐろ”の姿焼きや、きめが細かく濃厚な味わいの“黒毛和牛”をみぞれ鍋で提供。加賀の特産品をふんだんに使った料理の数々を味わってほしい。

写真はイメージ

加能ガニも堪能できる「のどぐろ・和牛会席」の宿泊プランは、1泊夕・朝食付き2名1室で一人52,000円(*2)より。

加賀四湯のひとつで開湯1300年の歴史を持つ山中温泉。まろやかな湯でくつろぎ、秋には紅葉を、冬には雪景色とともにコース料理を楽しんでみては。

吉祥やまなか
所在地:石川県加賀市山中温泉東町一丁目ホ14-3
公式サイト:https://kissho-yamanaka.com/

*1 12月29日(金)~1月3日(水)は除く
*2 税・サービス料込、入湯税150円別、金・日・休前日・シーズンUP料金あり

【兵庫県】松葉がにのフルコースを満喫「休暇村竹野海岸」

山陰海岸ジオパーク内に立地し、入江を見下ろす小高い丘に建つリゾートホテル「休暇村竹野海岸」では、2024年3月20日(水)までの期間、旬の「松葉がに」を贅沢にも1人2杯使用した「活け松葉がにフルコース」を提供する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください