「DLしたその日から「政治通」?政治家の最新情報を紹介するアプリ」

インフォシーク / 2013年8月24日 11時0分

時事通信社の政治家データアプリ「政治通」画面。(左)政治家の詳細なデータを確認出来る(右)多種多様な条件で条件で検索が可能。

先日の参議院選挙は、戦後3番目の低さとなる投票率で、有権者の政治への関心度の低下は進むばかりだ。その理由のひとつとして、投票する対象となる政治家が、どういった人物なのか、どういう政策なのかなど、“顔”が見えないという事もあるのではないか。ネット選挙が解禁されたとはいえ、一人ひとり検索して探すのも大変だし、そもそも何を見ていいのかわからない、という人もいたかもしれない。

 時事通信社から衆議院議員480人、参議院議員242人すべて紹介するiPhoneアプリ「政治通」が発売中だ。このアプリには、国会議員の顔写真、略歴、各議員のホームページ、ツイッター、フェイスブックなどへのリンク、議員会館部屋番号および電話番号などの連絡先まで網羅している。さらに47都道府県知事および政令市長は顔写真と略歴を、一般市町村長は略歴を掲載している。

 最大の特徴は、スマホアプリである特徴をいかし、利用可能期間内に内閣改造や補欠選挙などがあった場合、対象データ更新を追加料金なしですみやかに情報を更新することだ(アプリ有効期間内のみ)。

 他にも都道府県・選挙区別・所属政党別・フリーワードといった多種多様な条件での検索機能も充実。現閣僚や衆参両院における各党の勢力も手軽に確認でき、時事通信社の最新政治ニュースもチェック可能だ。

 このアプリはもともと、時事通信社が戦後すぐに本として発売していた「新国会議員録」がその発端となっている。ただ本であれば、変更があっても次の発売まで更新することは出来ない。そこでアプリなら更新が可能になるのではないかという同社政治部員の発案により、制作された。

 政治に登場する議員や首長を手軽に知るツールとして魅力的なアプリとなっており、国会関係者、自治体関係者、記者、ジャーナリスト、NPO関係者、研究者はもちろん、政治に関心のある方には必携のアプリと言えそうだ。

「政治通」は定価800円のところ、2013年9月末まではキャンペーン価格の500円で提供されている。アプリの有効期間は2014年9月30日まで。

政治に関心のある方は必携!時事通信社のアプリ「政治通」ダウンロードはこちら>>

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング