加速する小池旋風、次は都議選

Japan In-depth / 2017年2月6日 19時46分

加速する小池旋風、次は都議選

安倍宏行(Japan In-depth 編集長・ジャーナリスト)

「編集長の眼」

【まとめ】

・千代田区長選トリプルスコアで小池陣営勝利

・都議会自民党の戦略見えず

・都議選に向け小池旋風加速必至

 

■トリプルスコアで現職勝利

蓋を開けてみればトリプルスコア以上。下馬評通りと言えばその通りだが、実際に投票結果を目の当たりにすると、小池旋風の猛威が如何に凄いかよくわかる。以下が東京・千代田区長選の結果だ。

石川雅己候補         16,371票

与謝野信候補          4,758

五十嵐朝青候補              3,976

計                         25,105

小池都知事と、敵対する勢力のトップとして「都議会のドン」などと有難くないニックネームをつけられた内田茂都議との「代理戦争」と騒がれた今回の区長選挙。連日ワイドショーでも取り上げられた。都民ですら、千代田区ってどの辺?と口々に言い合い、ああ、飯田橋や神田・神保町のあたりか、などと納得したものだ。が、よく考えると皇居も、東京駅も、霞が関も、国会議事堂も、最高裁判所も、丸の内・大手町も、秋葉原も千代田区なんだと知ってちょっと驚いたくらいだ。

しかし人口は5万4千人しかいない。地方自治法上の市制要件をようやく満たすレベルだ。23区で人口は最小、世田谷区の90万人弱と比べるとその少なさに驚くだろう。そこに都議会議員定数1が割り当てられている。「公職選挙法の特例」が適用されているのだが、人口18倍の世田谷区の定数が8なのを見ると如何に定数配分が歪んでいるかがわかる。

■自民動かず

ここで、開票結果をよく見てみよう。そもそも今回投票率が跳ね上がった。53.67%は前回(2013年2月3日施行)の42.27%を11.40ポイントも上回り、区民の関心がいかに高かったかが分かる。前回の区長選における石川氏の得票が8,287票だから、ほぼ倍になった。それに比べ与謝野候補の得票数の少なさが際立つ。第三の候補、五十嵐候補との差はわずか782票しかない。これは自民党の組織票を全く集められなかったとしか思えない。

前回の都議会選挙(2013年6月24日施行)で内田茂氏は8,449票獲得したのに、その56%しか与謝野候補に行っていない。内田氏を支持した有権者はどこへ行ったのか?共同通信の出口調査結果を見ると、支持政党別で、与謝野氏は自民支持層の27.8%しか固められなかったということなので、上の数字も納得だ。一方、石川氏は自民支持層の61.7%、公明支持層の90.9%、民進支持層の70.6%を獲得した。さらに、無党派層の65.5%も取り込んだという結果が出ているので、与謝野氏が石川氏に歯が立たなかったも致し方ないところだ。

Japan In-Depth

トピックスRSS

ランキング