「肉屋襲撃」で揺れる仏 ヴィーガン一部過激化?

Japan In-depth / 2018年10月10日 11時0分

「肉屋襲撃」で揺れる仏 ヴィーガン一部過激化?


Ulala(ライター・ブロガー)


「フランス Ulala の視点」


【まとめ】


・仏で肉屋襲撃事件相次ぎヴィーガンに対し市民の不信感高まる。


・ベジタリアンと異なるヴィーガン。背景に「反種差別」思想。


・暴力・破壊行為は許されず、望まれるのは平和な共存。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42411で記事をお読みください。】


 


2018年10月13、14日に、パリではフランス最大のヴィーガンサロンであるヴィーガンワールドが開催されます。このヴィーガン(完全菜食主義者)のパラダイスには150の店舗が出店し、1000を超えるヴィーガン向けの食品が集まるため、菜食主義者向けの料理の人気が急増している中、今年も7000人以上の来館者が期待されています。


しかし、その一方で、フランスではヴィーガンによるとみられる肉屋の襲撃事件、食肉解体場の放火事件などが相次ぎ、ヴィーガンに対する一般市民の不信感も高まっています。


フランスでは今年に入り、肉屋が襲われる事件が頻発しました。肉屋の業界団体は被害件数は、過去半年間で肉屋、魚屋やチーズ店の100店以上が標的になったと主張しており、これらの犯行は、書き残されたメッセージから、あらゆる動物性食品を避けたヴィーガンによる犯行との疑いが出ています。


また、9月にはフランス東部農村地帯の食肉解体場の放火も発生し、工場で働く80人の従業員が現在失業状態に陥ることとなり、今後もこのような内戦のような状態が継続し、生活が脅かされるのではないかと、一般市民も不安を募らせています。


こういったニュースを受けて、「菜食主義者」に対して偏見めいた声も聞こえるようになってきましたが、しかしながらいずれの事件も、現時点では実行犯の特定はされておらず憶測の段階とも言え、また、肉食に対する攻撃であっても、単純に「菜食主義者」に偏見の目を向けるのは少し短絡的すぎるかもしれません。というのも、一言「菜食主義者」と言っても、その形態はさまざまであるからです。


 


■ 菜食主義と言っても実は違うベジタリアンとヴィーガン


菜食主義と言いますと、いわゆる「ベジタリアン」と呼ばれている人々であり、健康志向、宗教などのために、野菜や穀物しか食べないという認識が日本では一般的ではないでしょうか。しかし、そのベジタリアンにも実はいろいろな形態があります。肉は食べないが卵は食べる人もいますし、乳製品は食べる人もいます。そしてもちろん肉も卵も乳製品も食べない100%ベジタリアンもおり、そういった人々はピュア・ベジタリアン(純菜食主義者)と呼ばれています。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング