パフォーマンス理論 その22 言葉について

Japan In-depth / 2019年7月17日 7時0分

パフォーマンス理論 その22 言葉について


為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役


 


 


【まとめ】



言葉はパフォーマンスにおいて、技術の制度、内省・修正の精度、伝達の精度、精神安定の精度、に影響
言葉の粒度は身体の粒度と同じであり、より細やかでピンポイントなアドバイス、フィードバックが可能
言葉に正確でない選手は事実と意見が混ざる

 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depth https://japan-indepth.jp/?p=46883 のサイトでお読みください。】


 


本当に言葉自体に力があるのか、アスリートというイメージからそう感じるのかわからないが、アスリートの言葉は響くとよく言われる。一方で、外に向けての言葉ではなく、アスリートの世界で使われる言葉はパフォーマンス向上にどの程度影響するのか考察してみたい。


最初に本当に大事なことは言葉にできないことは重々承知の上で、それでも言葉を使うしかないではないかというところから出発したい。私は言葉を好んで使ってきた人間だから、言葉はパフォーマンスに影響すると信じている。日本育ちのアスリートで日本語話者でも日本語のレベルにはかなりの差がある。この差が具体的に何に影響するかというと、技術の精度、内省・修正の精度、伝達の精度、精神安定の精度、に影響する。言葉で表現できない人間は、うまくいってさえいればいいが、つまづいた時内側に課題を抱えることが多い。言葉にできるということは取り出して自分と距離をとって眺められるということで、客観視できなければ何が課題だと自分が思っているかが理解できない。


言葉を使うということは、全体の中からある一部分を取り出しそこにフォーカスすることだ。例えばハードルであれば、”ハードルの上で休む感覚”という表現がある。まずハードルという言葉を使うことによりハードルとそれ以外を切り離している。本当に休んでいるかと言うとレース中に休めるわけはないので、比喩表現に過ぎない。走りは常時足を交互に動かす循環運動が行われるが、ハードルを飛ぶ瞬間に一瞬、”間”ができる。この”間”で脱力することを休むと表現している。足の力の入れ具合や、上半身の傾き具合、また腕の動きなど他にも無数の選択肢があるが、脱力の一点に注目をして休むと表現をする。いい言葉は一点を表現することで、それにつられて他が連動してつながる。言葉とはそれを切り離すことであり、集中であり、抽象化でもある。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング