現代の恐竜島、閉鎖で大騒動

Japan In-depth / 2019年8月12日 11時44分

現代の恐竜島、閉鎖で大騒動


大塚智彦(Pan Asia News 記者)


「大塚智彦の東南アジア万華鏡」


【まとめ】


・コモドドラゴン保護のためインドネシアで生息地の立入禁止。


・生息地閉鎖に観光業者や地元住民は強く反発。


・閉鎖の背景には密猟防止や餌不足も。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47351でお読みください。】


 


インドネシアの東部、東ヌサテンガラ州にあるコモド国立公園はコモドドラゴンの生息地として世界中から観光客が押し寄せている。



▲写真 コモド国立公園 パダール島 出典:Pixabay; Cherene Saradar


こうした中、個体数が減少して絶滅の危機に直面しているコモドドラゴンの保護を目的に地元政府が生息地の一部島への観光客の立ち入り禁止を打ち出した。ところが、島の住民や観光業者から反対の声が上がり、行政が住民に集団移転や転業を促すなどの騒動に発展、コモドドラゴンを巡る論争が過熱している。


コモドドラゴンは体長2~3メートル、体重50~100キログラムの大型爬虫類有鱗目に分類される動物でその外観や生態から「生きた現代の恐竜」と称されている。しかし野生のコモドドラゴンはコモド国立公園内のコモド島、リンチャ島、パダール島などの限られた島にしか生息していない。


このため1991年に国連のUNESCO(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産・自然遺産に指定され、国際自然保護連合(IUCN)からは野生種が絶滅の危機にあるとする「危急種」にコモドドラゴンは指定されている。


その生息数は1981年には7213頭だったが、2014年には3093頭に減少。さらに2019年2月のインドネシア環境林業省の調査では2762頭まで減少が確認され、コモドドラゴンの保護の必要性が急務となっていた。


 


■ 2020年からのコモド島閉鎖方針に住民反発


こうした中、インドネシア政府や地元東ヌサテンガラ州政府などは、コモドドラゴンの保護を目的として1800頭と最も生息数が多い、コモド島への観光客の立ち入りを2020年1月から全面的に禁止し、観光地としては島を閉鎖する方針を2019年3月に打ちだした。



▲写真 コモドドラゴンと観光客 出典:Wikimedia Commons; Khoirul Amri


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング