英国人男性と妻、比で拉致

Japan In-depth / 2019年10月18日 14時56分

英国人男性と妻、比で拉致


大塚智彦(フリージャーナリスト)


「大塚智彦の東南アジア万華鏡」


【まとめ】


・フィリピン南部にて英国人夫妻が拉致された。


・ミンダナオ島では数多くの武装組織が活動している。


・ミンダナオ島は「外国人が誘拐されるリスクの高い地域」に指定された。


 


フィリピン南部ミンダナオ島の南サンボアンガ州トゥクランにあるビーチリゾートに滞在していたイギリス人男性とフィリピン人妻の2人が正体不明の武装集団によって拉致、連行されたことがわかった。地元警察では同地域で活動するイスラム系過激武装組織が関与している可能性もあるとして2人の行方を追っている。


現地からの報道によると、10月4日午後7時ごろ、トゥクランのビーチリゾートのコッテージに滞在していた英国人ビジネスマンのアラン・アーサー・ハイロン氏(70)とフィリピン人妻ウェルマ・パグリナワン・ハイロンさんの2人が拳銃などで武装した男性グループ6人に拉致され、海岸から複数のボートで沖合に連れ去られた。コッテージ近くにいたリゾート関係者が目撃したという。


目撃者などによるとアラン夫妻はコテージに到着した直後に待ち伏せしていた4人組に拳銃を突きつけられて拉致され、海岸で待機していた2隻のモーターボートで連行されたという。2隻はパガディアンの方向と北ラナオ州の方向に分かれて海上を走り去ったとしており、追跡を逃れるために別々の行動をとったとみられている。



▲写真 ミンダナオ島 出典:Wikimedia Commons by Roel Balingit


サルバドール・パネロ大統領府報道官によると現地ミンダナオ島は現在も戒厳令下にあることから「何があるかわからない状況なので安全確保に留意するべきだ」と改めて外国人を含めた旅行者に安全に対する特段の注意喚起を求めた。


ミンダナオ島では中東のテロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うイスラム教系武装組織やテロ組織が現在も複数活動を続けており、戒厳令で超法規的措置の行使が容認されている軍や警察による「対テロ戦」が継続されている。


現地を統括する陸軍部隊の現地報道官によると、現在警察と共同でアラン氏らの行方を探しているがこれまでのところ消息に関する有力な手掛かりは得られていないとしている。


その一方でアラン氏は現地で学校経営をしており、最近複数の教師が解雇されていることから私怨による報復との見方もでている。警察当局は学校関係者からも事情聴取を続けているがこれまでのところ犯行に結びつく有力情報は見つかっておらず、警察当局としては武装集団による誘拐の可能性もあるとして捜査を続けている。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング