フランスでも深刻いじめ問題

Japan In-depth / 2019年11月11日 18時0分

フランスでも深刻いじめ問題


Ulala(ライター・ブロガー)


「フランス Ulala の視点」


 


 


 


【まとめ】


・日本より多い、フランスでのいじめ件数。


・存在がタブーとされてきた仏いじめに政治家たちが動き出した。


・仏・教育省の撲滅キャンペーンは関わる全ての人に啓発をうながす。


 


 


フランスでは11月7日木曜日に、いじめ撲滅キャンペーンが行われました。2010年頃から時々行われていたキャンペーンですが、2015年からは11月の最初の木曜日に毎年開催されることになり、今年で5年目を迎えます。


 


いじめ問題への対策は、フランスはヨーロッパの中でも遅れており、解決までの道のりはまだまだ遠いのが現状です。2015年の国民教育省の組織の一つ、評価・予測・実績局 (DEPP)の調査結果によると、フランス全体で約700 000人がいじめの被害にあっており、その割合は児童生徒全体の10%であると報告されています。


 


日本では、フランスにはいじめがないという話が一部で流通していますが、実際は、ほかの国と同様にフランスにもいじめは昔から存在していました。いじめがなかったのではなく、いじめは「タブーとされ、存在しないものとみなされていた」ため、その存在が大きく明るみに出なかったと言った方がいいかもしれません。どちらかといえば、いじめの件数は日本では約410 000人で、児童生徒1000人あたりの認知件数は30.9件であり、児童生徒全体の約3%であるのに対し、10%存在するフランスは、日本よりもいじめが多いとも言えます。


 


2012年に、カナダのグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)が演出したIndochine(アンドシーヌ)のシングル「College Boy」のクリップhttps://youtu.be/Rp5U5mdARgYが、暴力的すぎるとフランスCSA(視聴覚高等評議会)によって放送禁止になり、論争が起こったことがありました。映像の暴力性が問題視された結果、フランスでは日中に放送されることはありませんでしたが、しかし、このクリップが描写している内容は、まさにいじめがタブー化している現実を具体的、抽象的に表したものであり、確かに暴力的な部分はあるものの、いじめを受けている被害者が感じていることを理解するのにわかりやすい映像ではないのかと思える内容でもあります。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング