朝日新聞「悪魔化」の病状

Japan In-depth / 2020年9月6日 18時1分

朝日新聞「悪魔化」の病状


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)


「古森義久の内外透視」


【まとめ】


・気に入らぬ相手と無関係の「悪」重ねる朝日「悪魔化」手法。


・コロナと大戦中の米軍の空襲重ね「反米媚中」超える屁理屈。


・国民の「首相評価」よそに、理屈・根拠なき主張を展開。


 


朝日新聞の安倍晋三叩きも、ここまでひどい症状をみせるにいたったのか。


同紙9月2日朝刊に「危機の宰相 立ち向かえぬなら退陣やむなし」(編集部注:無料会員記事)という見出しのコラム記事が載った。この「危機の宰相」というのは2人を指す。歴史も環境も異なり、たがいになんの関係もない2人の日本国首相である。


だがこのコラムはその2人を同一視して、安倍首相をもう1人の首相の失態や欠陥に重ね合わせて、けなしていた。自分の気に入らない相手をまったくその相手とは無関係な「悪」や「邪」のイメージの他の存在に勝手に結びつけ、その「悪」のレッテルを目前の相手に貼りつける。朝日新聞お得意の「悪魔化」手法である。


朝日新聞がこの悪魔化手法でよく使う材料は少なくとも2種類ある。1種はナチス・ドイツである。2番目は戦前の日本の軍部である。現在の基準ではいずれも「悪」や「負」の認識が定まったこの過去の「悪魔」のレッテルを現在の自分たちの敵、そのほとんどの場合が安倍晋三氏あるいはその支持勢力、にべたりと貼ろうとするのだ。



▲写真 朝日新聞東京本社(東京・中央区)出典:kakidai


今回の記事はその戦前の日本軍部を悪魔として使っていた。同朝刊オピニオン欄の記事、「多事奏論」という名のコラムだった。筆者は編集委員の駒野剛記者だという。


その記事は前段として中国から日本に侵入した新型コロナウイルスは76年前の米軍の日本爆撃に等しいのだと主張していた。その点では駒野記者の悪魔化はその対象にアメリカも入れているのだった。以下のような記述だった。


《新型コロナの情報マップを見ていた。首都圏、関西圏、東海圏などが真っ赤に染まっている。そっくりだと思ったのは、先の大戦、米軍の長距離爆撃機B29による空襲被害を示す日本地図だ。1944(昭和19)年6月末から翌年8月15日まで全国各地の都市が空襲された》



▲写真 東京大空襲後の焼け跡 1945年撮影米軍 出典:flickr : yk.namiki


この記事はその米軍の空襲で日本の国民が無残に殺されたことをアメリカへの憎しみや怒りをこめた筆致で書く。そのうえでその空爆とコロナ感染は同じだという論旨を展開するのだ。


《(コロナも空爆も)どう食い止めるか、被害を小さくするかは、人の営みが左右する点で同じだ》


いまの日本人で中国から侵入してきた新型コロナウイルスを76年前の米軍の日本空襲と同一視する人が何人いるだろうか。駒野記者の記述にはコロナウイルスに関して中国という言葉はまったく出てこない。あたかもアメリカがいまの日本でウイルスを拡大しているかのような基調なのだ。そのアメリカはいま中国発のウイルスの世界最大の被害国なのである。朝日新聞の伝統の反米媚中の路線さえもはるかに超える、奇々怪々の屁理屈が続いていた。


駒野記者の頭の中にはB29の爆撃図が刻まれていて、今回のコロナ感染拡大にそれをすぐに取り出して重ねたのだろうか。日本もアメリカもともに中国発のウイルスに苦しむこんな現状でも、悪いのはアメリカだと非難の指をさす駒野記者の思考のゆがみにはきわめて異様な症候を感じてしまう。同じ「情報マップ」ならば、コロナ拡大時に中国からの観光客が多数、訪れた日本各地の地図でも描く方がずっと自然である。


だがこのコラム記事のゆがみはさらに激しくなる。


駒野記者は記事のなかで、この米軍の日本爆撃が激しかった時期の日本の首相は陸軍出身の小磯国昭氏だったことを強調する。そしてその小磯首相が空爆の阻止や国民の保護にはまったく無為無策だったとして非難を浴びせる。小磯首相が当時の日本国民に「米英撃滅の誓いのための神社参拝」を勧めたことをとくに「科学を信じない無為な時間の浪費の神頼み」とこきおろす。そのうえで駒野記者は安倍晋三首相がその小磯国昭首相と同じだという趣旨をあれこれと論じていく。



▲写真 小磯国昭氏(1939~45年頃)1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任、1945年(昭和20年)4月に辞任。 出典:共同通信


《あれから、私たちは何か得ただろうか。感染症に対する備えを怠った上、全世帯に配布したのは、2枚ほどの、それも寸足らずのマスク。本気で国民を守るために、どれほどの科学的検討があったのだろう》


駒野記者はさらに小磯首相と安倍首相の共通的なるものを「無為無策」「国難の最中の退陣」などという言葉をあげて強調していた。


そもそもいまの中国発コロナウイルスが米軍の日本爆撃となんの関係もないのと同様に、安倍首相と小磯首相の間にも70年以上の歳月を隔てて、なんの関係もないのである。


それを朝日新聞のこの記者は無理やりに結びつけようとする。安倍、小磯両氏とも危機の途中で政権を投げ出した無責任政治家だというのだ。


しかし朝日新聞は駒野記者に限らず、社説や評論や社外応援団の投稿などを総動員して安倍首相への非難、批判を洪水のように噴出させている。自国の首相によくもここまで悪口雑言が浴びせられるものだと感嘆させられる。


安倍晋三氏はかりにも日本国民の多数派が民主主義の規則に従い、日本の政治の歴史でも最も長い任期の総理大臣として選出を続けてきた指導者である。そのうえに国際的な評価はきわめて高い。朝日新聞自身が安倍首相の辞任表明後に報道した世論調査でも7割以上が安倍氏の業績を「評価する」と答えているのだ。


だが朝日新聞は安倍氏が日本の民主主義や憲法を踏みにじり、汚辱の政治を実施してきた邪悪の独裁者のように描き、叩き続けるのだ。その「叩き」にも一定の理屈や根拠があるならまだしも、めちゃくちゃ、安倍氏自身の業績からだけでは十分に叩けないとみて、他の「悪魔」のイメージを重ね合わせるという病んだような主張を展開するのである。


トップ写真:連続在職日数が単独歴代最長になったことについて記者の質問に答える安倍首相(2020年8月24日 首相官邸)出典:首相官邸ツイッター


 


【訂正】2020年9月6日


本記事(初掲載日2020年9月6日)の本文中、下記2箇所訂正致しました。


誤:コロナと大戦中の米軍mの空襲重ね「反米媚中」超える屁理屈。


正:コロナと大戦中の米軍の空襲重ね「反米媚中」超える屁理屈。


 


誤:駒野記者はさらに小磯首相と安倍首相の共通的なるものを「無為無策」「国難の最中の退陣」などという言葉をあげて強調していた。


正:駒野記者はさらに小磯首相と安倍首相の共通点なるものを「無為無策」「国難の最中の退陣」などという言葉をあげて強調していた。


 


【訂正】2020年9月7日


本記事(初掲載日2020年9月6日)の本文中、下記訂正致しました。


誤:安倍晋三氏はかりにも日本国民の多数派が民主主義の規則に従い、日本の政治の歴史でも最も長い人気の総理大臣として選出を続けてきた指導者である。


正:安倍晋三氏はかりにも日本国民の多数派が民主主義の規則に従い、日本の政治の歴史でも最も長い任期の総理大臣として選出を続けてきた指導者である。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング