【エンタがビタミン♪】池上彰氏を外国人も大絶賛! 「ニュースがわかりやすい」「中立的な立場で教えてくれる」

TechinsightJapan / 2014年12月22日 16時50分

写真

『第47回衆議院選挙』の投開票が行われた今月14日、池上彰氏が出演するテレビ東京の選挙特番が高視聴率をマークした。今回も池上氏の“無双”ぶりが話題になっていたが、彼の番組が人気を集める秘訣はやはり「解説がわかりやすい」ということ。日本で生活している外国人の間でも、同じ理由から池上氏は大人気である。

土曜朝の情報番組『知っとこ!』(TBS系)では度々、“日本を愛する”外国人を対象にどんな場所や物、出来事に惹かれるのかを紹介している。多くは日本で暮らし、日本語をある程度理解している外国人である。12月20日の放送では、これまでインタビューをしてきた外国人にアンケートを実施し「2014 外国人が絶賛!日本のスゴイところベスト20」を発表した。

1位は「トイレ」、2位は「落とし物が戻ってくる」、3位は「コンビニ」であった。変わり種だったのが11位に選ばれた「本の紙質」。“紙の質、印刷の技術は他の国に比べて飛び抜けている”と絶賛され、指触りが良くページもめくりやすいと大好評であった。コラムニストで元講談社編集者の山田五郎氏も“ここに気がついてくれたのは嬉しい”と話す。

このアンケートで、一人だけ具体的な個人名が挙がった。7位にランクインしたジャーナリストの池上彰氏である。「こんなにニュースをわかりやすく解説してくれる人はいない」「アメリカのニュース解説者は偏った考えの人ばかりだが、中立的な立場で教えてくれる」と大絶賛する声ばかりだ。

日本の現代史の知識が不足していると経緯や背景がわからないために、日本で流されるニュースは理解できない外国人が多いらしい。アンケートに答えたオーストラリア人男性は、スタジオでも「他の人のニュースは全くわからないが、(池上氏は)本当にわかりやすく解説してくれるので嬉しい」と述べていた。

12月29日には5時間の年末特番『ここがポイント!!池上彰解説塾 年末スペシャル』(テレビ朝日系)が放送される。日本中の老若男女だけでなく外国人の方々も、2014年の日本をここで振り返っていただきたい。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング