【エンタがビタミン♪】<IVAN&ダコタ・ローズ インタビュー>2人のシンデレラストーリーとは? IVAN「気になる人は常にいる」、ダコタ「好きになる人は会ってすぐに分かります」

TechinsightJapan / 2015年9月5日 19時55分

写真

誰もが一度は聞いたことがあるだろう童話『シンデレラ』。ディズニーによる実写映画が今年4月に日本でも公開され、話題となったのも記憶に新しい。9月2日には『シンデレラ MovieNEX』が発売、その前日に開催された記念イベントでは「シンデレラが大好き!」と公言する2人がシンデレラを語り尽くした。モデルでタレントとしても活躍するIVANとダコタ・ローズだ。テックインサイト編集部が2人を直撃、話を聞いた。

白と青を基調にコーディネートした王子様・お姫様スタイルでイベントに登場したIVANとダコタ・ローズ。美しく輝く2人は、まさに『シンデレラ』の物語から抜け出てきたかのようだ。

■ダコタちゃんはアニメやCGみたい。欲を言えばお姫様のドレスも着たかった?
――おふたりは今回初めてお会いしたそうですね。お互いの印象はいかがですか。
IVAN:(ダコタちゃんは)かわいいです、本当に。アニメやCGみたい。すごくかわいくて、びっくりしました。
ダコタ:本当ですか? (IVANさんは)スタイルがすごく(良く)て、かっこよくて美しい。面白くてしゃべりも上手くて、どうしたらそんな風になれるのか…難しいです。
IVAN:慣れよ、慣れ(笑)。(共演は初めてですが)ダコタちゃんはイメージのまんまですよ。すごい嬉しいです。もっといろんな面で見てみたいですね。

――IVANさんは、本当はお姫様の衣装も着たかったのではないですか?
IVAN:欲を言うとね。でも自分の立ち回りを知っているので(笑)。十何年前からメンズのモデルのお仕事をさせてもらっていて、パリコレもこういう形の服だったので、(王子様の服も)しっくりは来ますよね。



■魔法で背を伸ばしたい? 縮ませたい?
――エラ(=シンデレラ)が魔法をかけてもらうシーンがIVANさんは大好きだそうですが、おふたりはどんな魔法をかけてもらいたいですか?
IVAN:10歳若くなる!
ダコタ:日本語を書けるようになりたい。ケータイとかパソコンならいいんですけど、手で書きたい。それと10cmぐらい背が高くなりたい。
IVAN:ええっ!? 分けてあげるよー、身長。あ、それだわ、魔法かけてもらえたら縮みたい。
ダコタ:うそー。伸びたい。
IVAN:(キッパリと)縮みたい。ルブタンとかの20cmぐらいのヒール履きたいもん。人間ってないものねだりねー。



■エラの女子力の高さは「自分を愛しているところ」
――王子様をすぐに夢中にさせたエラの女子力は高いでしょうか。魅力はどこですか。
IVAN:エラちゃんは、絶世の美女というわけではないし、(ルックスでは)身近な子ですよね。でもエラちゃんの良かったところは、自分をすごく愛しているところ。「完璧じゃなくても、私は私のことが好き」って、芯がある子に映画の中で見えたんですね。内側から出る綺麗なものに王子様は気づいたんじゃないかな。
ダコタ:私も自分にすごい自信を持っているわけじゃないから、もっと自分のことを好きになることは大事だと思うし、それを出来るようになりたいですよね。



■好きになる人は会ってすぐに分かる。恋すると5歳若返る!
――エラと王子様は出会ってすぐに恋に落ちますが、おふたりはこのような経験はありますか?
ダコタ:あると思います。
IVAN:(嬉しそうに)あるんだー! 若いのに!
ダコタ:何だろう、何かを感じる? 今まで付き合った人は2人なんですけど、好きになる人は会ってすぐに分かりますね。
IVAN:私はもうこの年になれば、濃厚な恋やライトな恋やたくさんしてますよ。「私、(出会ってすぐに好きになった)経験がないですー」なんて清楚なことは言えないです。でもシンデレラみたいにパッと一目見て、「わ、この人素敵」って好きになって、相手も同じように思ってくれて、お付き合いができた方っていうのは本当に数少ないから、“運命”だと思います。シンデレラはラッキーな子だと思います。

――イベントでいいなと思っている人がいるとおっしゃっていましたが…?
IVAN:お付き合いしている人は特にいないんですけど、気になっている人は常にいますね。ダコタちゃん、恋愛大事だよ。恋していれば、たぶん5歳ぐらいは若くなる。
ダコタ:うっそー。そしたら(もうすぐ20歳になる私は)15歳?
IVAN:いやいや(笑)、今のダコタちゃんはそれでいいけど、これが25歳とか30歳になったときに、恋している人としていない人だと全然違うから。10年後を見据えて毎日恋していた方がいいよ(笑)。



■まさに自身がシンデレラストーリー(ダコタ)、今がその真っ只中(IVAN)。
―ところで、おふたりは「これはシンデレラストーリーだな」という経験がご自身にありますか?
ダコタ:私はアメリカにいたときは学校に行ってないし、友達もいなかったし、部屋にずっといるって感じで…。ネットでスカウトされて日本に来れてモデルさんになれたのはすごいシンデレラストーリーだなって。人にしゃべれないぐらいシャイで、会話できなくて、みんなから「あの子ヘン」ってよく言われたので。こっちで仕事を始めて普通に人としゃべるようになったし、友達も少ないですけど作ったし…。王子様はまだいないですけど。
IVAN:現れる、現れる、大丈夫。私は、ダコタちゃんの年のときからメンズ雑誌とかいっぱい出てて、とんとん拍子にパリコレもいけたから、シンデレラストーリーだったのかなと思ったんですけど、シンデレラって苦労していますよね。そうすると今の私の方がシンデレラストーリーなのかなって。パリコレの後にどん底まで落ちてから、いろんな方のご縁やチャンスでこうやって出してもらえるようになったので。

――IVANさんは今、シンデレラストーリーの真っ只中なんですね。この先の頂点には何がありますか?
IVAN:頂点ですか? そりゃあ、もう運命の人との結婚じゃないですか? ねぇ、だってシンデレラだもん(笑)。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング