【イタすぎるセレブ達】アンジェリーナ・ジョリーに撮影現場で睨まれたブラピ「失敗したとあの目で分かった」

TechinsightJapan / 2015年12月10日 12時25分

写真

アンジェリーナ・ジョリー(40)が脚本を書き監督も務めた映画『By the Sea(原題)』で、アンジェリーナと主演した夫ブラッド・ピット(51)。いつも仲睦まじい夫妻だが、撮影中は「夫だから」と特別扱いされることは一切なかったそうだ。

このほど映画『By the Sea』の撮影を振り返り、ブラッド・ピットがこう話した。

「アンジェリーナ(・ジョリー)にはよく分かっているんだ。自分が何を望んでいるかがね。だから俺も現場では特別扱いは受けない。役者は制作者と良い関係を維持し、完全に信頼しないとね。」

また夫妻は長年一緒にいるため、ブラッドはアンジェリーナの目を見るだけで心情を悟ったという。

「そう、俺達は互いをよく知っているからね。彼女の目を見れば“このシーンをダメにしてしまった”とすぐに分かるよ。」

しかし共演はとても楽しかったといい、「もしまた一緒にやりたいと言われたら“Yes”と答えるよ」とブラッドは断言している。ちなみに同映画の評判は、今のところ残念ながら“イマイチ”。だが監督業に意欲的なアンジェリーナと役者業に燃えるブラッドが、今後再びタッグを組む日がくるかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング