【エンタがビタミン♪】篠田麻里子“アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ”日本初走行を体験「しかもブノワさんの助手席で」

TechinsightJapan / 2018年8月5日 17時30分

写真

PlayStation 4のゲーム『グランツーリスモSPORT』のためにアウディがデザインしたバーチャルカー“アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ”(Audi e-tron Vision Gran Turismo)がゲームの世界を飛び出し、レーシングカーとして日本に初上陸した。8月4日、富士スピードウェイで披露されると、アウディファミリーで知られるフランス人のレーシングドライバー、ブノワ・トレルイエ選手がデモランを行った。

その記念すべき日本初走行に同乗したのが篠田麻里子である。彼女は4日にインスタで「ゲームから実現化されたレーシングカー 日本では第1号で乗せていただきました 一生の思い出です しかもブノワさんの助手席で ものすごいスピードでした!!」と興奮気味に振り返っている。

さらに「電気のレーシングカー加速のスピードも速くてスタート一瞬で100キロ出る 楽し過ぎたー 見てるより体感のスピード凄いです」「ゲームの世界だったのがもう実現化されてそれがもの凄いスピードで本格的に走る時代ってすごい、、そしてそれを実現したAUDI凄すぎる」と感想を述べた。



ただ、実車中の動画を公開すると「#めっちゃ必死に捕まってる車内w #最高でした」と補足しており、楽しい反面で怖さもあったようだ。

走行後、“アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ”はブースに展示され、ゲーム上で操ることができるタイムアタックイベントも実施された。

画像は『shinodamariko 2018年8月4日付Instagram「AUDI SPORTDAYS2018 ゲームから実現化されたレーシングカー」「電気のレーシングカー加速のスピードも速くてスタート一瞬で100キロ出る」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング