【海外発!Breaking News】Airbnbにまたしても監視カメラ 苦情申立てるも却下(米)

TechinsightJapan / 2019年1月21日 14時15分

写真

世界192か国の33,000の都市で、80万以上の宿泊施設を提供しているとされる「Airbnb(エアビーアンドビー)」。利用するゲストが増える一方で、家を提供するホストらは部屋を汚したり室内のものを乱雑に扱うゲストにうんざりするケースが後を絶たないようだ。そのため室内にセキュリティカメラを設置したり、巧みに細工された隠しカメラを設置するホストがいることから、ゲストのプライバシーが考慮されないと問題になっている。このほど、Airbnbを通して米シアトルのアパートに滞在した一家が、室内に設置された数台のカメラを発見した。『Metro』などが伝えている。

米ペンシルベニア州ピッツバーグに住み、カーネギーメロン大学でコンピュータサイエンスを教えている教授のジェフリー・ビガムさんは、冬休み休暇を利用して大晦日に家族とシアトルを訪れた。しかし、Airbnbを通して予約した宿泊先のアパートで快適とは言い難い経験をすることになった。

ジェフリーさんは、室内リビングにあるテレビの後ろの天井に近い壁の一角に、2台の小さな白いカメラが設置されていることに気付き、ショックを受けた。Airbnbのサイトには20枚ほどの写真が掲示されてあり、そのうちの1枚はリビングを撮影したもので、後でジェフリーさんが写真を確認すると確かにそのカメラは写真に写り込んでいた。しかし、説明文には「玄関付近に数台のカメラを設置」とあったのみでリビングのカメラについての記述はなく、最初の時点ではジェフリーさんはこのカメラに気付いていなかった。

ジェフリーさんはすぐにそのカメラの電源を抜き、Airbnbへ苦情を伝えた。ところがAirbnb側は、「ホストが当サイトに掲示した写真にはカメラの存在が開示されている。その写真を見ているあなたは、カメラ設置に同意したことになる」と返信し、ジェフリーさんの苦情を退けた。さらにAirbnbから連絡を受けたホストは、ジェフリーさん一家がまだ滞在していたにもかかわらず、人を派遣しこっそりとジェフリーさん家族の滞在の様子をチェックしていたようだ。そしてカメラの電源が抜かれていることを知ったホストは、Airbnbを通してジェフリーさんにこのようなメッセージを送ってきた。

「Airbnbがあなたの苦情に取り合わないにもかかわらず、あなたは部屋のセキュリティシステムを取り外しましたね。いったい、大晦日に隠そうとしなければならないようなどんなことをしていたんでしょうか。」

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング