【イタすぎるセレブ達】レイトン・ミースター、初来日。「ファーストアルバムは全曲作詞。ニール・ヤングの影響も」。

TechinsightJapan / 2014年9月25日 18時10分

写真

ゴシップガールと言えば、ブレアなくして語れないだろう。日本のみならず世界からも圧倒的な人気を誇るレイトン・ミースター(ブレア役)が初来日し、眩しすぎる姿をイベントにて披露、記者の質問にも笑顔で答えてくれた。

25日、渋谷ヒカリエにてST.RILLIAN発売記念 記者発表会が開催された。「神秘のパワーを秘めるジュエリーフレグランス」のイメージをもつ、歌手でありモデルでもあり舞台でも活躍するレイトン・ミースターが初来日し、ゲストとして登場した。膝上20cmほどのワンピース姿で細く長い脚を惜しげもなく披露し、会場はレイトンの発するオーラ、魅力に包まれた。

香水の中に石(パワーストーン)を入れたというジュエリーフレグランス“ST.RILLIAN”は、世界初の商品である。イメージキャラクターにレイトンを選んだ中村泰二郎社長は、「綺麗で煌びやかで小悪魔的な存在のレイトンしかいなかった」と絶賛した。



日本が初めてだというレイトンは、「非常に優しい日本人や食べ物がとても気に入った」とニッコリ。「石が入った香水に自然のパワーを感じられるところが自分の哲学にピッタリ」「ボトルの中に美しい石が入っているのを見ているだけで素敵」と語り、情熱を感じられるというお気に入りのピンクのボトルを手に取る場面もあった。


多忙を極めるレイトンは、来月10月28日に待望のファーストアルバム『Heartstrings』をリリースする。アルバムの仕上がりや、作詞を得意とするレイトンに記者も質問を投げかけた。「どんなタイプの音楽にしたいか、ジャンルをしっかりと定めるようにとの要望に従って曲作りをするけど、全く一つには絞れなかった。ポップスを基本にロックやフォークを混ぜた仕上がりになっている。フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスやフォークシンガーのニール・ヤング、ジョニ・ミッチェルの影響もある」そうだ。「全9曲、全部作詞を手がけた」というから、ファンならずとも大いに期待したいアルバムだ。

女優レイトン・ミースターとしてはもちろんのこと、ミュージシャンとしての今後の活躍にも注目だ。次回来日の際は、ぜひとも生歌を披露して欲しい。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング