【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・アニストン、役作りでのポッチャリ化を周囲は「てっきり妊娠かと…」

TechinsightJapan / 2014年11月23日 14時55分

写真

(周囲も「オメデタか?」)

映画『Cake(原題)』に主演し、ほぼノーメイクで普段よりフックラしたキャラクターを熱演した米女優ジェニファー・アニストン(45)。その役作りで体重を増やしたというジェンだが、周辺からは「ひょっとしてオメデタなのでは?」という声が浮上していたそうだ。

ジェニファー・アニストンが少々ふくよかになるたびに、メディアは「今度こそ妊娠か」と報じてきた。しかしそんな誤解をしたのはメディアだけではなかったらしく、周辺からも「もしかして…」と妊娠を疑う人が続出したという。映画『Cake』でジェンと共演したカミーユ・グアティ(36)は、『Us Weekly』誌の取材を受けてこのように語っている。

「ジェンは、これまで演じたことがないようなキャラクターに挑戦したの。」
「でも可笑しいったらないわ。多くの人が『ジェンは妊娠しているんじゃないの?』って言っていたから。私はそのたびに『してないわ!』って答えたの。」

ちなみに同映画の役作りで増量にチャレンジしたジェンは、その方法をこんな風に明かしている。

「2か月半の間、ワークアウトをしなかったの。食生活にも、いつもほど気を付けなかったわね。」

それにより増量したものの、撮影終了後はすぐにジム通いを再開したとのこと。しかし体重を元に戻し健康な食生活に戻すのは「やっぱり大変だった」と述べ、女優としての苦労をにじませた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング