慶大生がLINE「死んでくれ」で逮捕、自殺教唆事件を読み解く by渋井哲也

東京ブレイキングニュース / 2014年2月26日 12時0分

写真

 LINEで「死んでくれ」とメッセージを送り、自殺をそそのかした疑いで、大学生(21)が逮捕された。亡くなったのは交際していた女子学生(21)で、LINEのやりとりの後で、自宅マンションから飛び降りた。大学生は認めている。検察庁は身柄の拘留を求めたが、東京地裁は認めず、釈放された。

 報道によると、自殺教唆の疑いで逮捕されたのは慶應大学法学部3年生。無料で通信やメッセージが送れるアプリ「LINE」を使い、交際していた女子学生(当時21)に「お願いだから死んでくれ」「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」などとメッセージ7通を送信した。その後、9日午前5時ごろ、女子学生は東京都港区の自宅マンション8階から飛び降りた。女子学生は男からのメッセージを見た後、友人に「死にます」と送信。両親宛ての遺書もあったという。

 亡くなった女子学生のTwitterがある。その書き込みを読むと、私が取材をしてきた生きづらさを抱えている若者たちを連想させる内容だった。そのため、書き込みから彼女の心理を読み解こうと思った。

 最後の書き込みは13年11月9日午前4時50分14秒。

「みなさま、よき倫理を!」

 なぜ倫理だったのだろうか?

 その10分前の午前4時40分59秒には、「ありがとう」とつぶやいていた。また、前日午後9時58分46秒にも「それでは皆さん、善き人せを」。「人せ」は「人生」の誤りか? その一時間半ほど前の午後8時28分35秒には、男が送って来たLINEのメッセージをキャプチャーした画像をあげている。

 このTwitterによると、逮捕された男と7日に別れた、との書き込みをしている。そして、新しい彼氏ができ、その彼氏と心中未遂をした。そのときに血に染まったシャツの写真をあげている。彼女はときおり、自傷行為の後の写真をあげている。

 自傷行為後に写真をアップする行為は、2000年代初頭に、ブログが流行り始めたころから、メンタルヘルス系サイトの運営者には見られた。その後SNSでも同じように写真をアップする行為が見られたが、SNSではこうした行為がタブーとなり、運営者に通報されると削除されるといったことが続いていた。こうした流れはTwitterやLINEでも見られるものだ。その意味では、珍しい写真ではない。

 心中未遂をした相手となぜそこまでの共鳴があったのかは記述がない。しかし、ネガティブな情報は心理的に感染することは言われている。とはいえ、心中未遂をする関係となれば、相手もある程度、死への指向性があったのではないかと思える。自殺願望のある人の中には、ネット上で知り合った人と一緒に死にたい人もいる。「ネット心中」はその一例だ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング