アントニオ猪木議員「北朝鮮訪問NG」の気になる裏事情...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.42

東京ブレイキングニュース / 2014年5月7日 10時45分

写真

 

 ゴールデンウィーク直前に「アントニオ猪木議員の北朝鮮訪問不許可」というニュースがあった。

 猪木議員はゴールデンウィーク中の訪朝を予定していたのだが「首相官邸が駄目だと言ってきた」と記者団に理由を説明したという。

「政府は、北朝鮮制裁の一環として国民に渡航自粛を求めているため、なし崩し的に制裁が緩和されかねないことを懸念したとみられる」(スポニチ・4月22日 )

 果たして理由はそれだけだろうか。

 思い出したのは、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの両親がモンゴルでめぐみさんの娘のキム・ウンギョンさんと面会した時の報道である。3月のことだ。

 私がザワザワしたのは、日本中が温かく見守っていたムードとは逆に、飯島勲内閣官房参与が「外交カードとしては、失敗の策かもしれない」とコメントしていたこと。

 飯島勲といえば小泉純一郎の元秘書。いってみれば小泉氏のマネージャーであり仕掛け人。その力を安倍首相から頼られて現在は「特命担当内閣参与」。

 飯島参与が今年1月に出版した「政治の急所」(文春新書)を読んでみると、末語は「~だぜ」「思うぜ」と、肩で風を切る大御所感丸出しの語り口。なかでも「強い口調」が印象的だったのが北朝鮮の拉致問題について。飯島参与は去年北朝鮮を訪問している。

「ミサイル・核問題も、拉致問題も、この状態となっては、もう事務的な協議じゃなくてトップ同士で片を付ける以外にない、これが私の基本的な見立てなのさ」

「内閣参与である私自身ができる限りトップに近い北朝鮮高官と直接、会談する。そして日本のスタンス、安倍首相から直接、伝えられた基本方針をビシッと話す。ここまでやらなかったら意味がない。」

 つまり、オレみたいなトップクラスが行かなきゃ事態は動かないと言ってる。返す刀でこうだ。

「国会議員がそろいもそろってさ、拉致被害者の救出活動を象徴するブルーリボンのバッジを胸につけて『北朝鮮けしからん』と口だけ決意表明したって、うまく行くわけんしじゃん。あのバッジは役に立たない政治家の象徴だって私は悪態をついているけどね。」

 と、この後も何度も強い口調でブルーリボンのバッジをつける議員を「口撃」している。

 この本が出たあと横田夫妻とキム・ウンギョンさんが面会。先ほども紹介したように「私のスタンスは違う」と飯島参与は反感丸出しでコメントしていた。これはいったいどういうことだろう。

 横田夫妻のあの面会は安倍首相の段取りがあったと報じられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング