痛すぎる初デートの失敗談!やってはいけない初デート●●ベスト3

恋学 / 2014年10月30日 12時3分

気になる彼と初デートまでこぎつけて、大喜び。が、しかし●●してしまったせいで、せっかくの初デートが台無しに! そんな痛い経験をしたことのある女性3人をお招きし、体験談をお聞きしました!

痛すぎる初デートの失敗談!やってはいけない初デート●●ベスト3

1.「前夜に友達と飲み過ぎて…」

「合コンで知り合った、気になる男性と初デートをすることに!嬉しさのあまり前夜に友達と飲んでいたら、終電を逃してしまった。翌日の初デートは、睡眠不足で二日酔い。目の下のクマがひどいし最悪でした…。」(24歳・営業)

初デートの前夜は家でおとなしくしているのが一番。嬉しくて友達と飲みに行きたい気持ちもわかりますが、翌日に響いてしまうこともあります。お肌の調子を整えるためにも、睡眠をたっぷりとって初デートに備えましょう!

2.「なれないスカートをはいたせいで…」

「初デートは女の子っぽくきめたくて、なれないスカートをはいてみることに。しかし、サイズが合わなかったのか、歩くたびにスカートが上がってきて超ミニになってしまう…。何度もスカートをずり下げるのが恥ずかしかった。」(28歳・経理)

デートの日は、おしゃれな洋服に身を包みたいと思うものです。しかし、着慣れていない洋服や靴を履いてしまうと、デートの途中に困ってしまうこともあるかもしれません。そんなことのないように、予行練習として、何度か身につけておくといいでしょう。

3.「家に携帯を忘れてしまった…」

「初めてのデートで、何時間も前から準備をしていたのに、なんと家に携帯を置き忘れてしまった! そのせいで、自宅へ戻ることとなり30分の遅刻…。初回のデートから遅刻して、印象悪かっただろうなぁ…。」(25歳・事務)

初デートはなにかと緊張しているものです。準備万端のつもりでも、慌ててしまうと忘れ物をしてしまうかも。1時間早く到着するつもりで、家を出るのがよさそう。そして、彼と会う前に、公衆トイレの鏡で身なりをチェックすれば完璧でしょう!

おわりに

初デートは、あなたの印象を決める大切なもの。張り切り過ぎたせいで、失敗してしまうことがないように、落ち着いて行動してみましょう。慣れないことをしようとせず、いつも通りに振る舞うことで、自然体のあなたを演出できますよ。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング