本命の彼氏には、何があっても見せてはいけない二つの欲望

恋学 / 2014年12月29日 2時3分

 どんなに好きな女性であっても、二人の関係が濃密で順調でも、男性が一気に遠ざかってしまうことがあります。

女性がこれを見せた為に、運命の彼氏を逃してしまう危険な二つの欲望があるのです。それは・・・

「物欲」と「独占欲」 です!

「彼がいてくれさえすれば何もいらないし、いつも傍にいてくれるから独占したいなんて思うこともないわ」

と言っているアナタ!

本当にそうですか?

そんな人に限って、この欲望、彼に見せちゃってるかもしれないです。ちょっと胸に手をあてて考えてみてください。

1209

甘えと物欲は違う

 付き合い始めた当初であれば、男性は何でも買ってくれるでしょう。

「記念にしたいの」なんて見つめれば、可愛いなあってなもんです。けれども交際期間が長くなってくると、そんな甘えが、ただの厚かましさに見えてきます。嫌悪感さえ感じてしまうのです。もちろん、誕生日や記念日などお互いが愛を形にして交換する日なら構いませんが、むやみやたらに「あれ買って」というのは控えましょう。

 ショッピングに付き合っただけなのに、お金を払うのは彼よね、なんて当たり前のように思っていたら引かれます。出し渋った彼を「ケチ」と決めつけるのもどんなものでしょう。

あなたは、なんでもカードでパッパと支払う男性と結婚したいですか?

金銭感覚が合うか合わないかは、将来を考える恋人同士にはとても重要です。

甘えのつもりでとった行動から、「この子と結婚したら家計は大変になりそうだ」なんて判断されてしまうかもしれないのです。

愛と独占は違う

 いつも一緒にいて愛し合っている、だから彼の全ては私のもの、彼のことで知らない事があるなんて考えられない・・・と思っていませんか?

 愛することと、誰かの全てを自分のものにすることは違います。

会っていない時の彼が気になるのも分かります。連絡が途絶えたら不安にもなるでしょう。でもね、昔から言われるように人間は、特に男性は、追われれば追われるほど逃げたくなる習性を持っているのです。

職場にいる時も、友達と遊んでいても私を忘れないで欲しい。いつも彼の一番でいたい!・・・なんて思っていると、「この子と結婚したら束縛されるんだろうなあ」と、彼氏は少しずつ後ずさりしているかもしれません。

おわりに

 いかがでしたか?

そんなこと分かってると思っていても、知らないうちに自分の欲望をコントロール出来なくなっていることがあります。

 彼から長く愛されるために、物欲と独占欲は今すぐ捨ててしまいましょう。少なくとも本命の彼氏の前では・・・。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング