「もう終わり…!?」早漏男子と愛情溢れるエッチを楽しむコツ

恋学 / 2014年12月29日 11時20分

大好きなカレと結ばれる瞬間。キスして体を寄せ合い、いよいよ挿入…! ドキドキしながらカレのペースに身を任せていたら、あれっ!?

「ごめん、イッっちゃった!」

期待していたエッチがほんの数分で終わって、ガッカリしてしまうことも。そこで今回はちょっぴり早漏気味の男性とちょっとでも長くエッチを楽しむコツをご紹介します。

1229

1:愛撫はできるだけ長く!

「挿入するまでの時間が長いだけでもホッとする」(30代前半)

早漏気味の男性は「すぐにイッたらどうしよう…」と不安を抱えながらエッチをしているといいます。そんなカレをリラックスさせてあげるには、できるだけ前戯・後戯を長くすることが大切。手や口を使って愛撫するのはもちろん、軽くキスをしたり、体を寄せ合うだけでも、心が満たされますよ。

2:ピストン運動はゆっくり!

「往復2~3秒を目安に動いたら、長持ちするようになった」(30代半ば)

どうしても盛り上がってくると、ピストン運動は早くなりがち。そこで「もっと」「やめちゃダメ」なんて声をかけると、さらに挿入時間が短くなってしまいます。どんなに気持ちが高ぶっていても「今日はゆっくりがいい…」とスローエッチを楽しむ余裕を持ってみて! きっといつもの何倍も愛情を感じられるはずですよ。

3:イキそうになったら休憩する

「ピンチなときは愛撫や会話でごまかすことも…」(20代後半)

常にイキそうな状態でいるのもスリリングでイイですが、愛撫や会話を交えながら「幸せ」を実感するのが大人のエッチ。カレのテンポが落ちてきたら、「好きだよ」「愛してる」と耳元で囁きながら、愛撫に切り替えてみてはいかがですか? じっくり長いエッチを楽しめるはずです。

今回のまとめ

エッチは挿入がすべてではありませんが、やっぱり短すぎると物足りないもの…。そんなときは、こっそりカレを誘導して愛情溢れるエッチを楽しんでみてくださいね。

(取材協力)
20~30代の独身男性

恋学コラム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング