販売好調! ホンダの軽「Nシリーズ」に絶版モデルが存在? 発売10周年を控える現状は

くるまのニュース / 2020年10月12日 14時50分

ホンダ初の軽乗用車「N360」の精神を受け継ぎ、ホンダが2011年から展開しているのが、ホンダ「N-BOX」をはじめとした「Nシリーズ」と呼ばれる軽自動車群です。

■6年の販売の末、絶版になったモデルとは

 ホンダは1963年には軽トラックの「T360」を発売し、四輪車メーカーとしての歴史をスタートさせました。その後、初の軽乗用車「N360」を1967年に発売。1974年に一度軽乗用車市場からは撤退したものの、1988年に再参入し、現在に至ります。

 このN360の精神を受け継ぎ、ホンダが2011年から展開しているのがホンダ「N-BOX」をはじめとした「Nシリーズ」と呼ばれる軽自動車群です。

 2011年に初代が、そして2017年に2代目が発売されたN-BOXは、どちらのモデルも大ヒット。ホンダの国内販売をけん引するモデルとなっています。

 一方、Nシリーズのなかにはいまは無くなってしまったモデルもあります。

 2014年に発売された「N-BOXスラッシュ」は、初代N-BOXをベースに、後席ドアをヒンジ式に変更したうえで、アメリカで見られるカスタマイズの手法である「チョップドトップ」のように、各ピラー部分を短くすることで全高を下げました。

 リアドアハンドルを隠すデザイン手法も取り入れ、2ドア風に見える外観を実現。また、オーディオに8スピーカー+サブウーファーを採用するなど、趣味性の高さが特徴でした。

 2017年にN-BOXがフルモデルチェンジした後も販売が継続されましたが、2020年2月に販売を終了しています。

 それではここでクイズです。2020年10月現在、販売されているNシリーズの軽自動車は全部で何車種あるでしょうか。

【1】3車種

【2】4車種

【3】5車種

【4】6車種

※ ※ ※

 正解は、【1】の3車種です。

 現行モデルは、前述の2代目N-BOX、2代目「N-WGN」、そして初代「N-VAN」の3モデルです。このうちN-VANはNシリーズ初の商用車となります。

 なお、N360をデザインモチーフとした「N-ONE」は2020年3月に初代モデルが生産終了したものの、フルモデルチェンジを受けた2代目モデルが同年秋に発売される予定です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング