フル装備で330万円超え!? 日産新型「ノート」の超豪華仕様とは

くるまのニュース / 2020年12月28日 18時10分

日産が2020年12月23日に発売した新型ノートには、「e-POWER」の全車採用や、日産コンパクトカー初のプロパイロット搭載など、先進装備が数多く搭載されています。すべてのセットオプションを選択したらいくらになるのでしょうか。

■日産コンパクトカー初のプロパイロット搭載

 日産が2020年12月23日に発売した新型「ノート」は、全車電動パワートレイン「e-POWER」を採用。さらに運転支援装備「プロパイロット」は国内の日産車として初となるNissanConnectナビゲーションシステムと連動するタイプを採用するなど、先進性の高いコンパクトカーとして注目されています。

 そんな新型ノートですが、標準装備のほかにセットオプションとしてさまざまなメーカーオプションが設定されています。すべて装着するといくらになるのでしょうか。最上級グレードに選択できる装備をすべて装着した仕様で検証します。

 新型ノートの標準グレードは、上位グレードから「X」「S」「F」の3つです。このうち、「X」「S」には4WD仕様が設定されています(4WD仕様は2020年度内販売開始予定)。ちなみに、オーテックジャパンが手掛けるカスタムカーの「AUTECH」も存在します。

 2WD仕様の価格(消費税込、以下同様)が218万6800円、4WD仕様の価格が244万5300円の「X」グレードは、新型ノートで唯一後席リクライニングを装備。メーカーオプションナビをはじめXグレードでないと選択できないメーカーオプションもあります。

 今回は標準グレードのなかで最上位となる「X」グレードの4WD仕様に、選択可能なメーカーオプションをすべて装着していきます。

 新型ノートに設定されるメーカーオプションは特別塗装色以外すべてセットオプションで、グレードごとに装着可否がわかれる全8セットがあります。

 このなかで、前出のNissanConnectナビゲーションシステム連動機能付きプロパイロットなどが含まれるのが、主要装備表で「◆7」セットと表記されたセットオプションです(42万200円)。

 9インチのNissanConnectナビゲーションが含まれるほか、インテリジェントルームミラーや死角の確認に役立つインテリジェントアラウンドビューモニター(障害物検知機能付)などの先進装備に加え、USB充電ソケットなどの便利装備も含まれます。

 また、新型ノートの目元(ヘッドライト)の印象を大きく変えるセットオプションとして「◆4」セットも存在(33万5500円)。

 4連LEDプロジェクターが採用されたヘッドライトがシャープな顔つきを演出し、さらにLEDフォグランプ、本革シート、16インチアルミホイールなどがセットで装着されます。

※ ※ ※

 今回新型ノートで選択したセットメーカーオプションは、前出のものを含めて全部で4つです。そして、ディーラーオプションとして定番のフロアマット(フロアカーペット)を足すと、オプションの一覧は次のようになります。

●メーカーオプション(総額:83万2700円)

・有償色:ビビットブルーメタリック/スーパーブラック 2トーン(5万5000円)

・◆1セット(クリアビューパッケージ) 装備内容:ワイパーデアイサー、リヤLEDフォグランプ(2万2000円)

・◆4セット 装備内容:LEDヘッドライト、LEDフォグランプ、アダプティブLEDヘッドライトシステム、本革シート、16インチアルミホイールなど(33万5500円)

・◆7セット 装備内容:9インチNissanConnectナビゲーション、インテリジェントアラウンドビューモニター(障害物検知機能付)、プロパイロット(ナビリンク付)、USB電源ソケットなど(42万200円)

●ディーラーオプション

・フロアカーペット エクセレント(2万5300円)

 以上の装備を選択した新型ノートの「X」グレード 4WD仕様は、330万3300円となりました。

 日産のコンパクトカーとして初のプロパイロット搭載など、さまざまな先進機能が装着された新型ノート。先進的な装備に加えて、本革シートといった装備が装着されれば、クラスを超えた満足感を味わうことができるかもしれません。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング