1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

世界初公開のトヨタ新型「タコジラ」はどんなド迫力キャンピングカー? レトロさも魅力な最新カスタムの全貌は?

くるまのニュース / 2021年11月9日 14時50分

トヨタのミドルサイズピックアップトラック「タコマ」をベースとしたキャンピングカー「タコジラ」が、カスタムカーショー「SEMAショー2021」に出展されました。どんなキャンピングカーなのでしょうか。

■身長180cmの人も快適な居住空間を実現

 トヨタの米国法人は、ピックアップトラック「タコマ」をベースとしたキャンピングカー「タコジラ」を製作し、カスタムカーショー「SEMAショー2021」で世界初公開しました。

 ベースとなるタコマは、日本では販売されないピックアップトラックですが、タコジラとあわせてどのような特徴があるのでしょうか。

 2021年現在、トヨタは日本で展開するピックアップトラックとして「ハイラックス」を販売しています。トヨタ以外で、現在ピックアップトラックを正規販売するメーカーは存在しないため、並行輸入車を除くと日本で唯一新車購入可能なピックアップトラックです。

 一方、米国におけるトヨタ車のラインナップにハイラックスは含まれず、ピックアップトラックとしてはミドルサイズに該当するタコマと、フルサイズに該当する「タンドラ」というふたつが取り扱われています。

 タコマのボディサイズは全長5392mm×全幅1910mm×全高1793mm(タコジラのベースとなったアクセスキャブ仕様の場合)で、ハイラックス(全長5340mm×全幅1855mm×全高1800mm)にも近いサイズ感です。

 そして、トヨタの米国法人が製作したカスタムカーのタコジラは、タコマの荷台をキャビンに換装し、身長180cm以上の人でも歩いて移動できるほどの快適な居住空間を実現。

 角の取れた丸みを帯びたシルエットで、カラーリングと相まってレトロな雰囲気も感じられるところがポイントとなります。

 内装は、チーク材のフローリング、温水シャワー付きのバスルーム、コンロとシンクを備えたキッチン、バックライト付きのウォールアートにもなるダイニングテーブル、十分な広さの就寝スペースを用意し、居心地のいい空間としました。

 改造に伴い、オフロード走行時を想定して随所に補強を実施したほか、2インチ(約5.1cm)分のリフトアップを実施したことで悪路走破性にも配慮。タイヤは285/70R17のGeneral Tire Grabber X3オールテレーンタイヤを装着します。

 トヨタの米国法人は、SEMAショー2021にほかにもさまざまなカスタムカーを出展し、話題を集めています。

 それではここでクイズです。

 SEMAショー2021に出展されたトヨタの米国法人のカスタムカーのうち、タコジラのほかにもう一車種、タコマをベースにしたモデルが存在しました。

 そのモデルは、どんな仕様のタコマでしょうか。

【1】レース仕様

【2】オーバーランド仕様

【3】ディーラーオプション装着仕様

【4】オープンカー仕様

※ ※ ※

 正解は【2】の「オーバーランド仕様」です。

 オーバーランドとは、クルマで長距離移動しながら、行く先々でテントでの寝泊まりやアウトドアを楽しむ旅のスタイルを指します。

 タコマをベースに製作された「タコマオーバーランディングコンセプト」は、ルーフテントを荷台部分に装着するほか、3インチ(約7.6cm)のリフトアップ、ブルバーの装着などで迫力ある外観としたカスタムカーとして、SEMAショー2021に出展されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください