1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

基礎代謝もアップ!1分で効く「二の腕すっきり」エクサ

つやプラ / 2021年12月1日 20時30分

写真

ポイントでスッキリさせることで、痩せて見える部位が「鎖骨」「二の腕」「足首」。一方で、年齢を重ねるほどこれらの部分には不要なものが溜まりがちです。

最近は、人と会う機会が徐々に増えているかと思います。「オンライン飲み会だから少々怠けた身体でも大丈夫」「自粛生活で太ってしまった」といっている場合ではありません!
ぜひエクササイズを通して、周りにも「運動しようかな?」とポジティブな変化を与えられるような“美のインフルエンサー”を目指してみては?

今回はYOGAエクササイズディレクターの筆者が、二の腕を引き締めるながらエクササイズをご紹介します。

■ながらエクササイズで二の腕を引締める

今回ご紹介するエクササイズは、ソファやイスがあれば「いつでも実践できる=習慣化しやすい」ので効果は抜群です。

また、丁寧に動くことで、見た目以上にかなりハードだと感じるはずです。

動作のポイント

・肘が外に広がらない

・体幹を安定(お腹と腰を引き寄せた状態)させて、肩や頭から先に動かない

・勢いを使わず、ゆっくりと動作する

上記3点を抑えると、最初は筋肉痛になるかと思います。

その時に、肩甲骨周辺も使ったように感じれば尚◎。代謝アップに欠かせない背中側の「僧帽筋」も使っているという証拠だからです。

テレビを観ながら、YouTubeを観ながら行い、二の腕や肩回りをスッキリさせてくださいね。

期待できる効果

・二の腕、肩、背中周りの引締め

・体幹を使い動作するので基礎代謝アップ効果=太りにくい身体作りのベースができる

・代謝が良くなることで、肩こり、首、目の疲れなども解消

実践回数&期間

週3〜4回実践すれば、ボディラインに変化が感じられるはずです。

「二の腕を引き締めるながらエクササイズ」のやり方

この投稿をInstagramで見る

つやプラ – 40・50代女性の美容健康情報メディア(@tsuyaplus)がシェアした投稿

姿勢を整えます。イスの前で立膝姿勢になり両肘を伸ばし、手のひらをイスのへりにつけます

(1)姿勢を整えます。イスの前で立膝姿勢になり両肘を伸ばし、手のひらをイスのへりにつけます。

吐く息と共にお腹と腰を引き寄せ合い、肩を下げて体幹を安定させます。

吐く息と共に、両肘が直角に曲がる位置まで上体を倒します。吸う息と共に上体を起こします。この動作を8回繰り返します

(2)吐く息と共に、両肘が直角に曲がる位置まで上体を倒します。吸う息と共に上体を起こします。この動作を8回繰り返します。

左手を胸にそえ、姿勢を整えます

(3)左手を胸にそえ、姿勢を整えます。

片腕で(2)の動作を3回繰り返します。反対側も同様に行なってください

(4)片腕で(2)の動作を3回繰り返します。反対側も同様に行なってください。

両腕での動作はラクだけど片腕だとツライと感じた人は、体幹を使うよう意識してみてくださいね。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森 和世)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください