1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

2021年は“はやみねかおるイヤー”と言える理由「夢水清志郎」がトレンド入り!

マグミクス / 2021年9月1日 18時10分

写真

■令和の世に“怪盗クイーン”や“夢水清志郎”がトレンド入り?

 作家・はやみねかおるさんといえば、「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズなどで知られるジュブナイル・ミステリーの第一人者です。1989年のデビュー以来、子供から大人まで楽しめる作品を世に輩出してきました。

 2021年7月12日、公式Twitterで『怪盗クイーンはサーカスがお好き』が20周年となる2022年にアニメ化され、劇場OVAとして上映されることが発表されました。この知らせに往年のファンからは喜びのコメントが殺到し、同時に“はやみねかおる”や“夢水清志郎”といった関連ワードが次々トレンド入りを果たしたのです。

『怪盗クイーンはサーカスがお好き』は、どんな状況でも狙った獲物を華麗に盗み出す、誇り高き怪盗・クイーンの活躍を描いた大人気シリーズ。累計発行部数は100万部を突破するほど。2021年7月14日にはシリーズ最新刊『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』が発売されました。

 また、はやみねかおるさんの作品でいえば、2021年7月30日より実写映画『都会(まち)のトム&ソーヤ』が公開されました。同作はシリーズ累計200万部以上を誇る大人気ジュブナイル・ミステリーで、主人公の内藤内人役は映画『約束のネバーランド』や『万引き家族』などの出演が記憶に新しい俳優・城桧吏さんが務めています。内人の相棒で容姿端麗&頭脳明晰の天才御曹司・竜王創也は、演技初挑戦にして映画初主演を果たす酒井大地さんが演じています。

 一方、ネット配信ではABEMAでも2021年7月16日より『都会のトム&ソーヤ』のオリジナルドラマ(全8話)が放送されて、たちまち話題になりました。ほかにも「ルーム」シリーズの最新刊『夏休みルーム』が2021年7月7日に発売されるなど、はやみねかおるさん関連の話題が尽きません。2021年はファンにとって、“はやみねかおるイヤー”になりそうです。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング