1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

マツダ CX-8一番人気グレードは特別仕様車のブラックトーンエディション! 売れ筋3グレードイッキ見せ

MōTA / 2021年9月8日 16時30分

マツダ CX-8 Black Tone Edition ポリメタルグレーメタリック

3列シートを備えたSUVでもっとも売れているのはマツダ CX-8である。エンジンだけでもディーゼルにガソリン、そしてガソリンターボと3種類。そして2列目シートに至ってはグレード毎に設定が異なるが、ベンチシートに2種のキャプテンシートと全3種類もラインアップするのだ。選択肢の多さが魅力でもあるが、その一方で悩むユーザーも多いはず。そこで今回はマツダ CX-8の人気グレードをご紹介する。

マツダ CX-8 Black Tone Edition ポリメタルグレーメタリック

CX-8はディーゼルエンジンが圧倒的人気

今なおディーゼルモデルが圧倒的支持

マツダ CX-8がデビューしたのは2017年のこと。発売当初はディーゼルエンジンのみであったが、より安価なガソリンモデル。そして走行性能を高めたガソリンターボを追加し、現在に至っている。

2021年8月現在、もっとも人気なのはやはりディーゼルモデルである。都内近郊のマツダディーラーによれば「マツダ=ディーゼルというユーザーが多く、指名買いに近い状態となっている」と語るほど、CX-8を購入するユーザーのほとんどはディーゼルを選んでいるのだった。

>>

上級モデルが人気! トップ3のうち2グレードが特別仕様車

具体的なグレードとしては、今もっとも人気を集めているのがフロントグリルやホイール、そして内装までも黒で揃えたブラックトーンエディションが全体の18%を占めるという。ちなみにこちらは特別仕様車。

エクスクルーシブモードの6人乗りモデルは大型アームレストが装備され、カップホルダーのほかに2つのUSBポートやシートヒーター/ベンチレーションスイッチが備わる

次いで人気なのが、XDエクスクルーシブモードとXD Lパッケージがどちらも16%の割合となっている。前者のXDエクスクルーシブモードはXD Lパッケージの装備に加え、専用のフロントグリルやホイール。そしてメーター内に7インチモニターを装備するなど、最上級グレードをベースに開発された特別仕様車である。

>>

ブラックトーンエディションは若年層から支持! 高級モデルは40代以降が選択

エクスクルーシブモードは専用デザインのフロントグリルやホイールが装備される

さきの都内近郊ディーラーによれば「ブラックトーンエディションは若い世代、とくに30代のオーナーが多く、Lパッケージやエクスクルーシブモードは40代以降のユーザーが購入している」という。

たしかにLパッケージやエクスクルーシブモードは、レッドレザーやタンカラーといった落ち着いた内装色が選べるため、年齢層が全体に高い傾向にあるのは納得である。

今回はマツダ CX-8の人気グレードをご紹介した。人気グレードのなかに、特別仕様車が2種もラインアップしているのはかなり異例でもある。それだけ魅力的であるという裏付けでもあるが、これから購入を考える方々はこの記事を参考にグレード選びをしてほしい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング