1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型レクサスLXは本格オフロード仕様やF SPORTもラインアップ トヨタ ランクル300との違いはデザインにあり!

MōTA / 2021年10月19日 17時0分

レクサス 新型LX(プロトタイプ)

2021年10月14日(木)に世界初公開されたレクサスの新型高級SUV「LX」。 LXはトヨタ ランドクルーザーと基本構造を共有しており、比較されやすい車種だが、コンセプトが異なることからまったく別のクルマとなっている。特に違うのはデザイン面とグレード構成だ。今回は新型LXの特徴とランドクルーザーの最新モデル、ランドクルーザー300との違いについて紹介しよう。

レクサス 新型LX(プロトタイプ)

新型LXは新しいスピンドルグリルが最大の特徴だ

歴代LXはランドクルーザーと同様に悪路走破性や耐久性などを高めた本格派SUVで、乗り心地や静粛性を高めた高級志向のモデルとして唯一無二の存在だ。

今回登場した新型LXは新しいスピンドルグリルの意匠と、塊感のある個性的なフロントグリルが目を引く。

ランドクルーザーも2021年8月に発表された新型モデルでは力強いフロントグリルを採用しているが、LXはRXに採用した最新のヘッドライトシステム「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」を用いており、対向車や先行車を眩惑することなく夜道を鮮明に照らし出すことができる。

ヘッドライトにはブレードスキャンアダプティブハイビームシステムを装備

サスペンションも先代LXから採用する車高調整機能付きのアクティブハイトコントロールを採用しており、新型LXでは前後にバネレート切り替え機能も備えた。

さまざまな路面状況でも快適に過ごすための装備を多数備える

インテリアでも12.3インチのワイドディスプレイは共通でありながら新型LXには7インチモニターを用意している。

新型LXでは7インチモニターも追加された

新型LXでは3グレードを用意! ランクル300との最大の違いは4座独立シートを備えたエグゼクティブだ

また、これまでのLX570の1グレード構成を刷新し、標準仕様と4座が独立したシートを採用する「エグゼクティブ」、前後デフロックとオフロード走行にもピッタリなデザインを用いた「オフロード」を用意。

エグゼクティブグレードでは後席も左右独立式で左後席には最大48度のリクライニングが可能なオットマンまで装備される贅沢仕様だ。

4座が独立したシートを採用するエグゼクティブグレード

新型LXの通常グレードは3列シートの7人乗りで、2列目シートを電動で折りたたむことができるのもランドクルーザーとの違いとなっている。

ほかにも、ランドクルーザー300にGR SPORTグレードが追加されたように、北米や欧州ではLXで初となる「F SPORT」の設定も発表された。よりスポーティな雰囲気を醸し出す個性的なデザインで、専用装備も多数備えるという。

ランドクルーザー300のGR SPORTもスポーティな印象に仕上がっている

ランドクルーザーに上質感を追加した新型LX

こうしてみるとランドクルーザー300と新型LXの違いはコンセプトが異なることからあえてキャラクターを分けていることがわかる。ランドクルーザーのオフロード性能を併せ持ちつつも、新型LXではどんな道でも乗員が快適に移動できることをメインに置いている。

ランドクルーザー300は発表されてすぐに注目され、納期は2年ほどかかるとも言われている。日本での発売は2022年初頭と予定されており、価格などは未発表だが、新型LXへの期待は高まる一方だ。

【筆者:MOTA編集部】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング