米民主党が「反日」という誤解 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年1月21日 10時47分

 自民党の総裁特別補佐である萩生田光一衆院議員は、同党の青年局会議の場で、オバマ政権が安倍首相の靖国神社参拝に「失望」を示したことについて「共和党政権のときはこんな揚げ足をとったことはなかった。民主党のオバマ政権だから言っている」と述べたそうです。

 このような「民主党は反日」であり、「共和党は親日」という認識は、確かに戦後の日本の政官界には強くありました。また、それなりの理由はあったのです。例えば、民主党は何と言っても第二次大戦を遂行した政党です。FDR(ルーズベルト)にしても、トルーマンにしても戦前の日本にとっては「敵」であり、また彼等の手によってなされた一連の「戦後改革」についても、その「逆コース」に乗って右派的政権を作っていった自民党の多くの人々にとっては反発の対象であったのだと思います。

 これに対して、共和党というのは「日本の保守の直接の敵」ではなかったとも言えます。例えばアイゼンハワー大統領は、日本への原爆投下に批判的であったようですし、もっと世代的には若いですが、90年代から2000年代に右派論客として鳴らしたパット・ブキャナンは「先の大戦で日本を敵に回す必要はなかった」という「史観」を披瀝していました。そういえば、第二次大戦中の日系人の強制収容に関して公式謝罪と補償を行ったのも共和党のレーガン政権でした。

 また、アメリカの民主党の言う「人権や理念」が日本の保守派の持っている「生存のための現実主義」からは「鬱陶しく」思われるという「相性の悪さ」があったり、逆に共和党が党是としていた自由貿易主義が、「貿易立国時代」の日本には有利な政策と思われていたりというような条件もありました。

 ですが、そうした構図の多くは過去のものとなり、現在の国際政治における「共和党と民主党」の対立軸に関しては、複雑な変化と「ねじれ」の中にあるのです。

 例えば、日本の文化について「クールジャパン」であるとして、高い関心を示す動きは現在でもアメリカでは根強く続いています。こうした異文化への関心、特にキリスト教的な善悪二元論とは「異なる価値観」に興味と尊敬を示すというのは、アメリカの場合は民主党カルチャーです。JFKが上杉鷹山の思想に私淑していたとか、そのお嬢さんのキャロライン・ケネディ大使が『方丈記』に象徴される日本の世界観に深く共感しているというような例は、決して例外的な事象とは言えません。

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング