衝撃の話題作『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年1月25日 16時45分

 ナチス・ドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を描いた映画はいくつもあるが、これまで感じたことがないほどの強烈な印象を残すのが『サウルの息子』だ(日本公開中)。ハンガリー出身のネメシュ・ラースロー監督(38)の長編デビュー作であり、昨年のカンヌ国際映画祭でいきなりグランプリを獲得、2月に授賞式が行われる米アカデミー賞でも外国語映画賞にノミネートされている(おそらく獲得するだろう)。

 舞台は44年10月のアウシュビッツ・ビルケナウ・ナチスドイツ強制・絶滅収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはここで、「ゾンダーコマンド」として働いている。ゾンダーコマンドとはナチスに選別され、同胞のユダヤ人の処理(ガス室への誘導から遺体の焼却、灰の処分まで)に当たる特殊部隊。おぞましい任務に就いている彼らも、いつかは殺される運命だ。サウルはある日、遺体処理の最中にガス室で息子とおぼしき少年を発見する。そしてユダヤ教の教義にのっとり埋葬しようとするところから、物語が回り始める――。

 自身の祖父母もガス室に送られ、そのことに「幼少期からオブセッションに囚われるぐらい深く執着していた」というラースロー監督に話を聞いた。


「第二次大戦について語られる場はまだまだ足りない」と言うラースロー ©2015 Laokoon Filmgroup

――作品が生まれたきっかけは。なぜゾンダーコマンドについて映画化しようと?

 ホロコースト60周年だった10年前に、初めてゾンダーコマンドの存在を知った。当時出版された彼らの手記を読み、これは非常に重要なテーマだから絶対に映像にしないといけないと思った。

――あなたの親族も収容所で亡くなっている。それはあなたにどんな影響を与えていると思うか。

 すごく答えが難しい質問だ。例えば日本人や、日本の子供たちは原爆についてどう思うのかと聞くのと、同じことだと思うから。基本的には、世界でもヨーロッパでも第二次大戦について語られる場、教えられる場がまだまだ足りないし、もっと教育していかなくてはならないと感じている。社会として、そういう問題をオープンに語っていかなければならないと思う。

――これから世代交代が進むにつれ、戦争の歴史はますます忘れられていく心配があるのでは。

 もちろんそういう方向に向かっていくのは仕方ないことだ。でも、それに抗うのは悪いことではないし、自然なことだと思う。忘れてしまうことに抵抗する人たちがいてもいいんじゃないか。

――この映画が独特なのは、カメラがひたすらサウルの表情を追い掛けるところだ。脚本の段階から考えていた?

 あのカメラワークを大前提に脚本を書いた。狙いは単純で、恐怖をどれだけ肌で感じることができるか、どれだけリアルに伝えることができるかだ。


 第三者が見たものではなく、観客が当事者になってその場にいるような雰囲気を出すことがいちばんの目的だった。つまり客観的ではなく、主観的に見せていきたかった。そうすることで観客は感情を投影し、頭の中でより鮮明にリアルに出来事を感じていく。

――「サウル」という名前は、旧約聖書に出てくるイスラエル王国の最初の王から取ったのか。

 ハンガリー語では「シャウル」だが、確かにサウルは旧約聖書に出てくる。でも最初はそこまで意識していなくて、単純に音がいいと思って選んだ。後になって、シャウルという名前には「神が与えしもの」という意味があると知り、すごくいい名前を使えたなと思っている。

――最後のサウルのしぐさに少しほっとする。ホロコーストで亡くなったすべての人に平穏を、というメッセージのように思えたが。
 
 どういう意味なのかは、見た人それぞれに考えてもらえればいい。あなたがそう捉えたのなら、そういう意図だったのかもしれない。極限状態で、地獄のような世界でも、ずっと笑っていなかった人でも、あのようなことをするというのを何となく入れてみたかっただけ。その意味を説くことはしたくないし、明確に理由を付けることもできない。



大橋 希(本誌記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング