コロンビア大統領選に勝利、ドゥケは半世紀ぶりの和平を危険にさらす?

ニューズウィーク日本版 / 2018年6月19日 18時29分

<行政経験に乏しく政界の大物ウリベ元大統領の影響を脱してわが道を進むことができるのか>

6月17日に行われた南米コロンビアの大統領選挙の決選投票では、中道右派のイバン・ドゥケ前上院議員が1030万票(全得票数の53.98%)を獲得し、800万票強(同41.80%)だった左派のグスタボ・ペトロ前ボゴタ市長 に勝利した。

半世紀以上にわたり内戦が続いたコロンビアでは、16年に政府と左派ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)の間で和平合意が結ばれた。そして今回の選挙では、この和平合意の是非が大きな争点となった。

投票率は従来の選挙に比べ高かったものの、大統領選で目立ったのは政治的な二極化であり、フェイクニュースであり、候補者同士の激しい攻撃合戦だった。経済問題や安全保障、そして和平合意をめぐり候補者の意見は対立。ペトロが和平合意支持を訴えたのに対し、ドゥケは元ゲリラが過去の犯罪で裁かれることもなく選挙に出馬を許されているのはおかしいと合意を厳しく批判した。

ドゥケは41歳で、コロンビア史上最も若い大統領となる。過去にはパストラナ政権下で財務省の顧問を務めたほか、アンデス開発公社 や米州開発銀行に勤務した経験を持ち、2014~2017年には上院議員を務めた。子供が3人いる。

8月7日に大統領に就任するドゥケを待っているのは、さまざまな試練だ。

ウリベ元大統領の「院政」の可能性

ドゥケは必ずしも、政治家としての経験を評価されて選挙に勝利したわけではない。ペトロらライバル候補らと異なり、ドゥケには閣僚経験もなければ副大統領を務めたことも、大都市の市長になったこともない。

どちらかと言えばドゥケに勝利をもたらした大きな要因は、コロンビア現代史を代表する大物政治家アルバロ・ウリベ 元大統領の堅い支持だ。ウリベはドゥケが所属する民主中道党 の創設者で、現在は上院議員を務めている。事実、ドゥケは演説のたびにウリベのことを「永遠の大統領」と呼んで指導者としての立場を認めている。



国民の間でいまだに高い人気を誇る一方で、ウリベは大きな政治スキャンダルにも関与してきた。例えばウリベ政権下の大統領府治安局 (DAS)はジャーナリストや司法関係者に対する盗聴を行ったと非難を受け、2010年に解体に追い込まれた。

またウリベは、民間人を犯罪との戦いに参加させる「民主的治安政策」を推進。この政策は一般市民が紛争に巻き込まれる危険を増大させたうえ、2002~2008年の間に軍が「犯罪組織の構成員」の掃討と称して4382人の一般市民を殺害したとされるいわゆる「偽陽性事件 」にもつながったとされる。

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング