中間選挙後の米政治は「ねじれ議会」でますます不透明に - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2018年11月8日 16時0分

<議会上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」の結果を受けて、トランプがさらに強硬な姿勢に出るか、それとも対話路線へと転向するか、米政治の先行きはさらに不透明>

アメリカの中間選挙は、上院が共和党の過半数、下院が民主党の過半数という、大方の予想通りの結果となりました。ですが、内容を見てみると「上院は共和党が50から51という予想が実際は52から54(本稿時点では2議席が未確定)へと上乗せ」「下院の民主党議席数も大勝とは言えないレベル」ということで、共和党は予想外の善戦をしたと見ることができます。

善戦の理由ですが、何と言っても保守派のカバナー判事を最高裁判事として送り込んだことで、宗教保守派をほぼ100%味方に引き入れた一方で、大統領が精力的に遊説を行って、移民排斥をテーマに右派ポピュリズムをエスカレートさせたことの相乗効果が大きいと思います。

通常は40%前後の投票率である中間選挙において、47〜49%に達したという今回の高投票率は歴史的です。ですが、トランプ政治への批判や危機感から投票所へ向かった民主党支持者だけでなく、宗教保守派とトランプ派の投票率も高かったわけで、その結果として、フロリダなどの中道州などでは稀に見る接戦になりました。

そこで注目されるのが、今後の政局はどうなるのかという問題です。これでトランプ政権が勢いづいて「より極端な政治」に向かう可能性もあります。この選挙を勝利であり、政権への信任だと見るのであればそうなるでしょう。その一方で、強い権力を持つ下院を民主党に奪われたことで、対話を中心とした慎重姿勢を見せる必要もあるという指摘も多くされています。

そんなわけで、選挙から一夜明けて、社会も政界もとりあえず「新しい時代の方向性を模索」し始めたところです。NYの株価はジリジリあげて、結果的に大幅上昇となりましたが、とりあえず「選挙結果は市場の予想の範囲内」という安心感がベースにはありました。

ところが、その選挙翌日の11月7日の午後になってワシントンに激震が走りました。かねてから大統領との確執が伝えられていた、ジェフ・セッションズ司法長官が更迭されたのです。「大統領の要請による辞任」ということですから、要するにクビということです。

理由としては、セッションズ氏は大統領選の初期段階に上院議員としては最初にトランプを支持したことの論功行賞として、司法長官という要職に指名されて就任したのですが、「ロシア疑惑」が発生するとともに「自分は早期からトランプ陣営で選挙戦に関与していたので、ロシアとの接触など利害関係がある」として、捜査の指揮権を「司法副長官」に委任してしまったのです。これに対して、大統領は「大統領を守らず自己保身に走った」として、ネチネチと批判を繰り返していたのでした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング