ラグビーが統合する南北アイルランド

ニューズウィーク日本版 / 2019年9月26日 15時40分

<南と北で属する国家は違っても「2つのアイルランド」が1つの代表に声援を送る理由>

ラグビー世界ランク1位の強豪アイルランド代表が9月22日、日本で開催中のワールドカップ(W杯)に登場した。試合前に流れる歌は、アイルランド共和国の国歌でもイギリス領北アイルランドの歌でもない。

選手たちを鼓舞するのは、この種の国際イベント用に特別に作られた「アイルランズ・コール」。歌詞にはアイルランド分断の歴史は一切出てこない。少なくともラグビーの国際試合では、「2つのアイルランド」が1つの代表チームに一致して声援を送る。

アイルランドでは何世紀もの間、激しい宗教的・政治的紛争が繰り返されてきた。1922年にカトリック教徒主体の南部が自治領「アイルランド自由国」として成立してからほぼ100年。イギリス統治下に残ったプロテスタント主体の北部との間には、今も敵対感情がある。

スポーツも例外ではない。サッカーでは全アイルランドの代表チーム結成は望み薄だ。しかし、ラグビーでは「アイルランズ・コール」の歌詞にあるとおり、選手たちが文字どおり「肩と肩を並べて」試合に臨む。

ラグビーという競技の歴史を考えると、この分断を超えた善意の発露はさらに感慨深い。ラグビーが独自の競技として発展し始めたのは19世紀半ばのイングランド。イギリスの支配階級を教育するエリート向けの寄宿学校と切っても切れない関係にあった。そしてアイルランドでは、彼らは植民地支配の象徴として怒りと恨みの対象だった。

独立闘争を展開した民族主義者はラグビーに「よそ者のスポーツ」のレッテルを貼り、代わりにゲーリックフットボールやハーリング(アイルランド式ホッケー)といったアイルランド独自の球技を推奨した。しかし、ラグビーの魅力はあらがい難いものだった。急成長する中流層はすぐラグビーに飛び付き、間もなくアイルランドラグビー協会(IRFU)が発足した。

テロで負傷した選手も

選手たちにとっては、アイルランドは常に1つであり続けた。1921年に終わった激しい内戦の結果、南部の分離独立が決まったが、IRFUは新しい国境を無視することにした。ラグビーは南北両方の私立学校でプレーされていたし、ブルジョア階級の多くにとって学生時代の古い絆は地図上の新しい境界線よりも重要だった。

「(IRFUの)メンバーの社会階層と政治的立場のせいもあって、全アイルランドを統括する制度が維持された」と、アルスター大学ベルファスト校スポーツ学部のケイティ・リストンは言う。



この決断の背後には、現実的な理由もあった。2つの新しい代表チームを組織するためには、もともと薄いアイルランドの選手層を分割しなくてはならない。「統一チームを維持するためには、多くの人々が苦渋の選択を余儀なくされたが、北が競技の競争力を保つためにはそれしかなかった」と、『アイルランドとスポーツの歴史』の著者ポール・ラウスは言う。

その道のりは必ずしも平坦ではなかった。特に厳しかったのは、北アイルランドの宗派対立が激化した「ザ・トラブルズ」と呼ばれる約30年間の紛争だ。1998年の和平合意までに殺された人々は3500人以上に上る。

1987年W杯の直前には、北アイルランド出身の代表選手3人が南での練習に向かう途中、隣を走行していた車が爆発するという事件があった。IRA(アイルランド共和軍)の爆破テロだった。選手たちは攻撃のターゲットではなかったが、3選手のうち1人はけがで引退を余儀なくされた。

土曜の午後は1つの国に

だが最も暗い時代にも、歴史的な立場の違いを乗り越えたケースはあった。時には代表チームに、北の治安部隊のプロテスタント隊員が含まれていたこともある。彼らは当時、カトリック教徒のIRAとの戦いのさなかにあった。

「アイルランド代表の緑のジャージに身を包んだら、全ての違いは脇に置くんだ」と、南のアイルランド共和国出身のカトリック教徒で元代表チーム主将のドナル・レニハンは語る。

実際、ラグビーは協力の精神の象徴と見られるようになった。IRFUは1996年のIRAによる凄惨な爆弾テロ事件後、「平和国際マッチ」と銘打ってアイルランド代表と国際的スター選手の選抜チームとの試合をアイルランド共和国の首都ダブリンで開催。チケットの売り上げは南北アイルランドの特別な協力基金に寄付された。

現在の南のファンは北部出身の選手をヒーローとしてたたえる準備ができている。日本でプレーする31人の代表チームには北アイルランドのクラブ所属の選手が5人いる。彼らも他の選手と同等の称賛を浴びるはずだ。

現主将ローリー・ベストも北部出身だが、ダブリンで行われたW杯前最後のホーム試合で観客のスタンディングオベーションを受けた。

代表チームが国際試合に出るときは、ホームスタジアムには3種類の異なる旗が翻る。アイルランド共和国の3色旗、北アイルランドの旗、そしてIRFUの旗だ。



現在は新たな課題もみえている。アイルランド共和国とイギリスの両方がEU(欧州連合)に加盟して以来、北と南の古い対立感情は改善されてきたが、イギリスのEU離脱の可能性が高まっている今、国境を超えた共通理解の精神の真価が問われている。ブレグジット後に通関手続きを伴う厳格な国境が復活すれば、南と北の関係にどんな影響が及ぶのか。

それでも過去の歴史を振り返れば、「アイルランドは1つ」というラグビーの精神が簡単に崩壊するとは考えにくい。「信じ難いことだが、これまでは何とかうまくやって来た」と、元代表主将のブライアン・オドリスコールは自身が制作した昨年のドキュメンタリーで語っている。「『アイルランドとは何か』について、(北と南の)ファンの間に共通点はない。それでも(試合がある)土曜日の午後の数時間は、1つの国になれる。そのことにすごく大きな誇りを感じるんだ」

ラグビーは荒々しく激しいスポーツだが、少なくともアイルランドでは平和の懸け橋の役割も果たしている。

<本誌2019年10月1日号掲載>

【関連記事】ラグビーW杯:オールブラックス、タトゥー隠して日本文化に配慮
【関連記事】イギリスが強硬離脱すれば、南北アイルランドは統合へ向かう


※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。




An All-Ireland Peace-Bringer
By William Underhill

When the world-beating Irish rugby team took to the field in Japan last week listened out for the tune at the pre-match line-up. It wasn't the national anthem of the Irish Republic, nor the anthem of Northern Ireland. Boosting the spirits of the Irish squad was a specially written melody, 'Ireland's Call', composed specifically for such international events with lyrics that ignore the vexed history of the divided island. On the playing fields of international rugby at least, Ireland's two communities can harmonise with a single team to represent both nations.

That's some achievement. For centuries Ireland has been a place of bitter religious and political conflict that has regularly spilled into violence. And almost 100 years after the creation of an independent and predominantly Roman Catholic republic in the south mutual animosity still taint the relationship with the majority Protestant north that remains under British rule. Division is the rule and sport is no exception: don't look for an all-Ireland soccer team. Yet in the words of "Ireland's Call", the island's rugby players are ready to stand "shoulder to shoulder".

Such a show of cross-border goodwill is all the more remarkable given Rugby's particular history. When the game evolved in mid-19th England, it was always associated with the elite boarding schools that educated the British ruling class resented by the Irish as their colonial overlords. Irish nationalists fighting for independence labelled Rugby an alien sport and pushed their own alternatives. To this day, Gaelic Football and hurling - an Irish form of hockey - attract a mass following. But the attraction of Rugby proved strong. A burgeoning Irish middle class quickly took to the game as well as the British and an official Irish Rugby Football Union (IRFU) was soon formed, governing the sport in the entire island.

And to the confusion of fans worldwide, for Rugby players there continues to be just one Ireland. When a bitter civil war ended in 1921 with the island's partition, the IRFU opted to overlook the new frontier. For an explanation, try class. Rugby was - and largely remains - a game played at private fee-paying schools whether in the North or South. And for much of the bourgeoisie the old ties of education were more important than any new line on the map. "All-island governance was maintained owing in part to the social class and political composition of (the IRFU's) members," says Katie Liston, of the School of Sport at the University of Ulster in Belfast.

There were good pragmatic reasons, too, for staying together. Creating two new nations meant sharing an already small Irish talent pool. "Keeping a single team required a lot of people to swallow hard but they had to do it to make sure that the North could still field a competitive side," says Paul Rouse who has written a history of Irish sport.

Given the ancient animosities, the path of unity has never been smooth. Especially challenging were the 30 years of The Troubles, the vicious sectarian conflict in the North which saw more than 3,500 people killed before the 1998 peace agreement. On the eve of the 1987 World Cup, three Northern Irish-born players were on their way to training in the south when a car next to them was blown up by the Irish Republican Army (IRA). They were not the target but injuries forced one of the players to retire.

Yet even in the darkest times old differences were somehow overlooked. At some points, the Irish team even included Protestant members of the security forces from the North, then fighting the Catholics of the IRA. "All differences were set aside when you put on that green Irish jersey for the afternoon," said former Irish Rugby captain Donal Lenihan, a Catholic from the republic, in a recent interview. Indeed, rugby came to be seen as emblematic of a spirit of co-operation. After a particularly bloody IRA bombing in 1996, the IRFU staged a "peace international" in Dublin between Ireland and a team of international stars with the proceeds going to a special North-South co-operation fund.

Today Irish crowds in the South are quite ready to make sporting heroes of players from the North. The five members of Northern Ireland clubs in the 31-man Irish squad in Japan can expect much the same level of adulation if the team lives up to its recent winning form. One of Ireland's greatest stars, Willie John McBride, who won 63 caps, is from a Protestant farming family in the North. So too is current captain Rory Best, who won a standing ovation when he played his last home match, in Dublin, the republic's capital, before setting out for Japan. Old differences, of course, are more readily overlooked if the side is winning, says Ruairi Croke who writes on sport for the Dublin-based Irish Times. "This is a small country and we will jump on board any sporting bandwagon that looks its successful."

Of course, fielding a single side brings practical problems. When the Irish squad travels to internationals, it takes three separate flags to fly at the host stadium: the tricolour of the Irish Republic, the Ulster (Northern Ireland) flag, and the flag of the IRFU. And new challenges continue to arise. The old tensions between North and South have eased since both the Irish Republic and the UK in the European Union. But the UK's likely departure from the EU will test the any spirit of cross-border understanding, and strain already divided loyalties. And knows how a post-Brexit "hard" border, needed for customs checks, across the island might affect relations ?

Yet history suggests that the spirit of all-Ireland rugby will be hard to quench. "The mind boggles as to how it has worked - but somehow it has," said former Ireland rugby captain Brian O'Driscoll in an acclaimed documentary he produced last year on the phenomenon of a single-nation side. "There is no commonality between fans (from North and South) about what it means to be Irish but for a few hours on a Saturday after we can be one country. And that fills me with huge pride". Rugby may be a rough, competitive game but in Ireland at least it is also a peace-bringer.






ウィリアム・アンダーヒル(在英ジャーナリスト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング