1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

トランプ政権下で国家機密の漏洩事件を引き起こした女性の実像、映画『リアリティ』

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月17日 19時14分

「第2のスノーデン」と呼ばれた女性リアリティ・ウィナー。彼女の逮捕と尋問の詳細な再現......映画『リアリティ』

<ティナ・サッター監督の映画『リアリティ』は、2017年にNSA文書をリークしたリアリティ・ウィナーの実話を描いている。彼女の逮捕と尋問の詳細な再現を通じて、彼女の人物像と動機を探求し、トランプ政権下の政治的状況を背景に置いている......>

ニューヨークの現代演劇シーンで注目される劇作家ティナ・サッターの監督デビュー作『リアリティ』では、初期トランプ政権下で国家機密の漏洩事件を引き起こした女性リアリティ・ウィナーの実像が、大胆なアプローチで描き出される。

2017年、米国家安全保障局(NSA)の契約社員だった25歳のリアリティは、2016年のアメリカ大統領選挙戦におけるロシアの介入疑惑に関する報告書をメディアにリーク。逮捕された彼女は、懲役5年の刑を言い渡された。

FBIの捜索・尋問の記録が公開された

この事件についてサッターが関心を持ったのは、FBIの記録文書だった。ジョージア州にあるリアリティの自宅でFBI捜査官たちが行った家宅捜索と尋問は、一部始終が録音されており、彼女の裁判で記録資料として公開された。

その記録文書に物語性を見出したサッターは、音声記録をほぼリアルタイムで再現するというアプローチで、まずそれを舞台化して成功を収め、そして、カメラワークや音響などの緻密な構成が臨場感を生み出す映画を作り上げた。

2017年6月3日、ジョージア州オーガスタ。リアリティ・ウィナーが買い物をすませて帰宅すると、見知らぬふたりの男性に声をかけられる。柔らかな物腰でFBI捜査官だと名乗る彼らは、ある事件に関する捜査を行っていて、令状もあると告げる。

それからさらに数人の職員が現れ、家宅捜索を進めるあいだ、ふたりの捜査官は外で待つリアリティに、穏やかな口調で当たり障りのない質問を繰り返す。だが、3人が彼女の自宅の奥まった部屋に移動し、尋問が始まると次第に空気は変化し、核心へと迫っていく。

反逆を企てるようなイデオロギーの持ち主には見えない

リアリティは政府に反逆を企てるようなイデオロギーの持ち主には見えない。犬と猫を飼っていて、ファッションやメイク、インテリアなどにはほとんど関心がなく、ヨガやクロスフィットに入れ込んでいる。家宅捜索のあいだには、ジブリ作品やポケモンのキャラクターが映り込み、彼女自身もノートに絵を描いている。

ただ、彼女のキャリアが異色であることは、さり気ない会話からでも察せられる。彼女は語学専門官で、パシュトー語、ダリー語、ペルシャ語を操る。また、AR-15型ライフルのほかに、拳銃や散弾銃も所持している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください