京都「嵐電」にエヴァンゲリオン仕様車両が期間限定で登場

おたくま経済新聞 / 2020年9月30日 14時2分

写真

(C)カラー

 東映太秦映画村に、新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」が2020年10月3日グランドオープンすることにあわせて、「嵐電」にエヴァンゲリオン仕様の車両が登場します。

 「エヴァンゲリオン京都基地」は、世界で初めてエヴァンゲリオンに乗ることができるアトラクション。L.C.L.のプールから上半身をのぞかせた高さ15mのエヴァンゲリオン初号機が登場し、この初号機のエントリープラグと手の平にのることができます。

 京都市中心部の四条大宮から観光地嵐山を結ぶ京都唯一の路面電車「嵐電」では、「エヴァンゲリオン京都基地」のオープンにあわせてコラボレーションを実施。

 期間限定でエヴァンゲリオン仕様の車両を走行(運行日時は不定期)させるほか、嵐電・嵐山駅には特設ショップがオープン。「コラボラッピング(初号機ver.)電車箱入りクッキー」(全1種/税込1400円)などのオリジナルグッズや、「シンジの葡萄コーラ」「アスカのパッションマンゴージュース」(各税込600円)といったコラボドリンクが販売されます。

(C)カラー
情報提供:京福電気鉄道、東映太秦映画村

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング