【筋膜リリースの基礎】タイミングも大事!効果を感じない人は〇〇の後に試してみて

OTONA SALONE / 2019年6月16日 22時0分

こんにちは。筋膜リリースヨガインストラクターの高木沙織です。

“筋膜リリース”と名の付くものを取り入れてみたものの、「期待していた効果を感じられなかった」という声をよく耳にします。では、どうしてそうなってしまったのでしょうか?

その理由のひとつには、筋膜リリースをおこなう“タイミング”も関係しているかもしれません。

そこで今回は、筋膜リリースをおこなうのにオススメなタイミングについてお話ししていきたいと思います。

 

ヒアルロン酸がポイント

「筋膜リリースでヒアルロン酸?」と疑問に思った方もいるでしょう。

なぜヒアルロン酸なのか? それは、三層構造になっている深筋膜の各層の間や筋肉の表面・筋外膜との間、筋内膜の間にはヒアルロン酸が多く含まれるから。つまり、筋膜内にはヒアルロン酸が存在するということです。

そしてこのヒアルロン酸が潤滑剤となり、筋膜の動きを滑らかに自由にしてくれているのです。

 

温めることで潤滑がよくなる

筋膜にとってヒアルロン酸は欠かせない存在。ですが、体がどのような状態であるかもヒアルロン酸の働きに関係し、筋膜リリースをする際に影響してきます。では、筋膜リリースをしやすいのは体がどのような状態のときだと思いますか?

答えは、体が温まった状態のとき。ヒアルロン酸の潤滑は、体が温まることによってよくなると言われています。

 

軽い運動後や入浴後がオススメ

 

さて、ここまできたら筋膜リリースは“いつ”おこなうとよいのかが想像できるのではないでしょうか。

そうです。体を温める軽い運動やストレッチをした後、湯船に浸かった後などです。体が温まると、筋膜が動きやすくなります。「お風呂上がりのストレッチが効果的」だとされている理由にも納得ですよね。今、まさに湯上りだという方はベストタイミングですよ。

ちなみに筆者がクラスを持つ筋膜リリースヨガでは、最初に軽めのほぐし~動的なポーズ(体を温める目的)~筋膜リリースのパートへと展開しています。

反対に、体が冷えた状態でいきなり筋膜リリースをしようとすると、隣り合う筋肉同士に摩擦が生じたりします。

 

「筋膜リリースをしてみても効果を感じられなかった」という方は、おこなうタイミングを意識してみるとよいかもしれませんね。

 

≪ヨガインストラクター 高木沙織さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング