香り系柔軟剤ブームにあらたな兆し 香りニーズの高まりにより、『第二次柔軟剤ブーム』到来!?

PR TIMES / 2012年11月8日 18時55分



香り系柔軟剤ブームにあらたな兆し 香りニーズの高まりにより、『第二次柔軟剤ブーム』到来!?
~キーワードは「長続き」、「使い分け」、「自分ため」~
好きな香り柔軟剤は「ダウニー」を抑え、「レノアハピネス」(P&G)・「アロマリッチ」(ライオン)が躍進

 マーケティング会社である株式会社シタシオンジャパン(所在地: 東京都中央区 代表取締役会長兼社長:小出紘道)は、昨今、香りに特化した柔軟剤が流行していることを受け、全国の主婦800名を対象に、柔軟剤に求める価値についての調査を実施いたしました。【調査実施期間:2012年10月24日~26日】

 調査の結果、主婦が柔軟剤に求める価値として、柔軟剤の本来の「洗濯物をやわらかくする」「静電気を防ぐ」という基本的な機能に加え、『香り』が大きな割合を占めることが明らかとなりました。さらに、ただ良い香りを求めるのみならず、柔軟剤により洗濯物に香りをつけることで、人と接する時に良い香りを感じてもらうなどの「自己表現」や、服から立ちのぼる香りによる「癒し効果」など、香りの付加価値を求める人もいることが明らかとなりました。柔軟剤を複数種類保有し使い分けている人は3割以上(30.5%)にのぼり、うち、約3割(28.3%)の人が3種類以上の柔軟剤を使い分けており、中には10本以上保有している人もいました。さらに、香りへのさらなるこだわりの表れか、柔軟剤以外の衣類への香り付け専用製品(シート、スプレー、ビーズなど)を使用している人も35.1%いることが分かりました。また、柔軟剤を家族によって使い分ける人のうち、「自分のため」に使い分けている人は7割以上(71.1%)にのぼりました。

 2009年頃より、米P&G社の発売する柔軟剤「ダウニー」の日本でのヒット※を契機に、柔軟剤に香りを求める主婦が増加、それに伴い、香りの良さを訴求した柔軟剤も増加し、「柔軟剤ブーム」とも言える現象が巻き起こりましたが、2012年に入り、メーカー各社の柔軟剤の香りに対するこだわりはさらに進化、「香りの長続き」「香りの変化」「いつでも香りが楽しめる」「周囲に香りが広がりやすい」など、香りの種類のみならず香りの付加価値を訴求した製品が増え、『第二次柔軟剤ブーム』とも言える現象が起きています。この背景には、主婦達の柔軟剤の香りに対する要求が高まってきたことがあると考えられます。今回の調査の結果、最近の主婦の香りへの要求は、「香りの長続き」、「香りで使い分け」、「自分のための香り」の3点に特徴があるといえそうです。 ※2009年日経MJヒット商品番付にランクイン

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング