企業向けハラスメントリスク軽減サービス「セクハラ・パワハラSOS」をスタート!

PR TIMES / 2013年2月12日 15時15分

企業の総務ご担当者の皆様へ、低コスト・高パフォーマンスのハラスメント対策を提案します。

企業の方々の様々なご希望を踏まえて作ったのが、ハラスメントリスク軽減サービス「セクハラ・パワハラSOS」です。この商品は、【1】法律事務所が窓口になるという絶対的な信頼感と、【2】月々の基本料金が1万円という徹底した低コスト、更に、【3】ステップ別フィードバックシステムによる事案に応じた処理方針の選択など、従来の企業ご担当者様が苦慮していた問題点を一挙に解決しています!





企業のメンタルヘルスケア対策が叫ばれる昨今、総務ご担当者の皆様におかれては、どういった対策を施せばよいのか、お悩みのことと思います。
そもそもメンタルヘルス対策とは、元をたどれば、セクハラ・パワハラといったハラスメント問題に起因することが多く、どうしても法律問題になりがちです。特にパワハラについては、どこからどこまでが適正な指導・監督で、どこからがパワハラにあたるのか、その境界線が曖昧なことも多く、判断に迷いがちです。
法律問題となると、弁護士に相談できれば一番安全なのですが、「弁護士」と聞くと、どうしても敷居が高く、費用も高い!と思われがちです。特に、ハラスメント問題が現実に起こっているならいざ知らず、予防の段階ではとても多額の費用をかけられないというのが、企業の本音ではないでしょうか。
更に、一口にハラスメント対策といっても、話を聞いてガス抜きをしてあげれば済むような軽微なものから、裁判沙汰になってもおかしくないような重篤なものまで、内容は様々です。
したがっていかに専門家だからといっても、すべての事案について弁護士を担ぎ出すことは、かえって事を大きくしかねません。
他方で、日本女子柔道界でのパワハラ告発事件が大きく報道されたとおり、漫然とパワハラでないと判断して放置してしまうと、企業イメージが大きく損なわれますし、企業の「恥部」を取り扱う以上、できる限り、信頼と安心がおけて秘密がしっかり守られるところに頼みたいというのが企業の本音でもあると思います。

そんな、企業の方々の様々なご希望を踏まえて作ったのが、ハラスメントリスク軽減サービス「セクハラ・パワハラSOS」です。この商品は、【1】法律事務所が窓口になるという絶対的な信頼感と、【2】月々の基本料金が1万円という徹底した低コスト、更に、【3】ステップ別フィードバックシステムによる事案に応じた処理方針の選択など、従来の企業ご担当者様が苦慮していた問題点を一挙に解決しています!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング