AR企画を短期契約・低コストで実現できる新サービス「POPLAR」を開始

PR TIMES / 2013年5月29日 14時42分

同時にOEM提供も開始

フジ印刷株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 新田 貞敏、以下フジ印刷)は、自社デザインブランド「WarpStyle*」(ワープスタイル)のAR*(拡張現実)開発事業において、短期契約・低コストで手軽にAR企画を実現できるARコンテンツ配信サービス「POPLAR」(当社サービス名:ポプラ)を開発し、2013年5月29日正式公開します。
iOSとAndroidへの同時コンテンツ配信が65,000円(税別)からと、費用を大幅に抑えることが可能となりました。




サービスと同名のアプリ「POPLAR」を、iOS(iPhone・iPad)とAndroid 用に公開。
アプリ内に多数のAR コンテンツを統合管理することができ、エンドユーザーはアプリを通して任意のAR コンテンツを楽しむことができます。
期間は1ヶ月から利用することができ、イベントや展示会など短期での利用にも適しています。POPLARサービスを使って初期開発費52,000円(税別)、月額利用料13,000円(税別)からARコンテンツの配信が可能となります。


また同時にPOPLARサービス自体のOEM提供も開始します。導入企業様は自社ブランド名のARコンテンツ配信アプリを持てるようになり、企業様ご自身で多数の自社ARコンテンツ配信が可能となります。ARコンテンツの配信サービスを展開することも可能となります。

フジ印刷では、本年度AR事業の売上目標を昨年度比3倍に設定しています。
今後はAR以外のコンテンツ配信機能も順次搭載していき、受発注システムとの連携など多方面への展開を計画しています。またAR事業とWarpStyleで手がけるグローバル事業や認知科学研究事業を融合し、より便利で効果的なソリューションを開発して参ります。


【開発の背景】
AR技術はスマートフォンの普及とともに、急速に需要が広がっています。しかしコンテンツ素材は持っていてもアプリの開発費用が高く、導入したくてもできないというお客様からの声を多数いただきました。そこで初期開発費用をできるだけ安く抑えるだけでなく、必要な期間だけコンテンツを公開して使うことで、ランニングコストも必要最低限に抑えることができる「POPLAR」サービスを開発しました。 

【POPLARサービスの概要】
■コンテンツ仕様:画像、動画、3DCG、パノラマ写真空間、電子カタログに対応
■開発期間:指定形式のコンテンツデータ受領後3営業日を目安
■費用:初期費用52,000円(税別)
    月額利用料13,000円(税別、1コンテンツあたり)
    ※POPLARのOEM提供は350,000円(税別)~となります
■サービスサイトURL:http://warpstyle.jp/ar/poplar/ 
■公開アプリURL
 iPhone/iPad版:https://itunes.apple.com/jp/app/poplar/id595298683?mt=8 
 Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.warpstyle.poplar 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング