ページを越えてボールが飛ぶ!「週刊ゴルフダイジェスト」が初の試み

PR TIMES / 2013年11月1日 14時8分

デジタルマガジンならではのインタラクティブな広告を掲載開始 第1弾はツアーステージ NEW X-DRIVE GR の「BIG DRIVE CHALLENGE!」

ゴルフダイジェスト社(本社:東京都港区、社長:木村玄一)は、10月30日、タブレット端末で読める「週刊ゴルフダイジェスト」電子版に、インタラクティブな機能を持つ広告ページの掲載を開始しました。その第1弾としてブリヂストンスポーツ株式会社様のご協賛を得て、新商品ツアーステージ NEW X-DRIVE GRによるリッチ広告「ページを越えてボールが飛ぶ!『BIG DRIVE CHALLENGE!』」を掲載しています。対象号は、電子雑誌書店マガストアから配信される「週刊ゴルフダイジェスト presented by NEW X-DRIVE GR」(※1)2013 No.43(10月30日発売)、No.44(11月6日発売)、No.45(11月13日発売)の3号です。
(参考動画「NEW GR "BIG DRIVE CHALLENGE!"」URL:http://youtu.be/WQFeeFSf3xs )



今回の「BIG DRIVE CHALLENGE!」企画では、タブレット端末の画面に登場したゴルファーに読者が指でタッチし、ゴルフゲームのように操作してボールをショットします。打ったボールは素早いスピードで広告ページを飛び出し、あたかも雑誌のページの上を次々と越えていくようなビジュアルイメージで、遠くへとドライブ。スマートデバイスで読む電子雑誌ならではのインタラクティブ性とダイナミックな動きを活かした「ページ越えロングショット」を表現するインパクト型の企画で、NEW X-DRIVE GRが誇る、常識や限界を超える衝撃的な飛びを疑似体験できます。また、結末にはシークレットエンディングも用意されています。同広告のクリエーティブは、株式会社電通の電子雑誌広告専門チームによって企画・制作されました。


この企画にあたって「週刊ゴルフダイジェスト」では、紙で出版される本誌にはないマガストア配信版独自の広告スペースを新たに設けました(電子版独自の広告スペースは、表紙と表2の間に設定された特別枠としております)。従来の「週刊ゴルフダイジェスト」電子版では、紙の誌面レイアウトそのままを電子化して閲覧していただく方式を取っていますが、新設した広告枠はHTML5形式(※2)による表示に対応しており、タブレットの画面上のタッチ操作や、アニメーションで動く画像の表現、プログラムで表示が変わる企画展開、webサイトへのリンクなどが可能となります。これにより、ゴルフ新商品についてより詳しく知りたい読者のみなさまのニーズに紙の誌面以上のインタラクティブな広告体験で応え、広告主様のより深いブランド訴求や情報伝達を実現していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング