今、問題になっている発がん性物質PM2.5  問題の市販品マスクと、良いマスクの選び方について

PR TIMES / 2013年12月2日 15時6分

株式会社くればぁ(本社:愛知県豊橋市)は、PM2.5が問題となる前から、洗って再利用出来るPM2.5対応マスク(1枚4,998円)を製造販売し、極めて高い遮断性能が口コミで支持され今年は20万枚以上受注した会社です。その後も消費者の求めているマスクに、より近づける為、使用後の意見や市販マスクの気になる点を聞き、この度、第三者機関で試験した所、ほとんどのマスクでは静電気で微粒子を捕集するタイプであり、逆効果になる場合がある事がわかりました。



消費者の意見から市販品マスクの問題点が明らかに! ~PM2.5付着試験結果~

消費者からの質問:市販品のほとんどのマスクが静電気の力で微粒子を捕集している使い捨てマスクですが、静電気でPM2.5や花粉を寄せ付けたり、隙間があっても99%カットしているのでしょうか?

弊社からの回答:マスクに表示されている「○○99%除去」の文字は、マスクのフィルターだけの試験結果であり、これはフェイスラインに隙間があった場合のデータではありません。寄せ付けるかどうかは試験致します。

※ためしてガッテン(NHK)で取り上げられたようにマスクをしていても隙間があるとほとんど効果がありません。
第三者機関を利用し、市販で売られている1.静電気で微粒子を捕集するタイプのマスク(以後、静電気製マスク)と、

2.静電気の発生を抑えたマスクフィルター(以後、帯電防止マスクフィルター)のPM2.5静電気付着試験を行いました。

【PM2.5付着試験結果】
1. 静電気製マスクは消費者の意見の通り静電気の発生によりPM2.5を寄せ付けていた。(2級)
2. 帯電防止マスクフィルターは静電気発生を防止している為、PM2.5を寄せ付けなかった。5級(最高ランク)


              
                                 ≪試験品1.静電気製マスク 3社分≫2級 


             ≪試験品2.帯電防止マスクフィルター 3品種≫5級

【摩擦帯電圧試験結果】
1.市販品不織布マスク生地… 5,000ボルト以上        2.帯電防止マスク生地… 500ボルト以下
※摩擦帯電圧は、一般的には、3,000ボルト以下とされるが、基準値は各社基準により異なります。
試験室内条件=一般環境に近い温度、湿度(温度20度、湿度40%Rh)試験方法について


※1. PM2.5付着試験:摩擦布は綿及び毛。試験品に一定の距離で2.5ミクロン以下の微粒子を近づけ、付着量を測定し級判定する。
※2. 摩擦帯電圧:試験片を回転させながら摩擦布(綿・毛等)で摩擦し、発生した帯電圧(V)を測定します。
※3. 静電気測定器でJIS法に準じて測定。上記は測定値であり、保証値ではありません。
※4. 第三者機関の名前。試験データも開示する事は可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング