エンジンオイルのカストロール、史上最強のオイル「EDGE」のプロモーションビデオを全世界一斉公開(チタン・ストロング・ブラックアウト・トライアル)

PR TIMES / 2014年5月28日 11時29分

暗闇の中、光を追いかけ、ドライビングパフォーマンスの限界にチャレンジ

チタンFSTTM(チタン油膜強化技術)により、史上最強のオイル皮膜を実現するカストロールエッジ。その史上最強のオイルを使って、「チタン・ストロング・ブラックアウト・トライアル」という、かつてない驚きのカー・アクション・ムービーがついに全世界一斉公開されます。



YouTubeムービーで世界を沸かせているラリードライバーのケン・ブロック、アウグスト・ファルファス(BMWモータースポーツ・チーム・ドライバー/*DTM)、マイク・ロッケンフェラー(アウディ・スポーツ・チーム・ドライバー/*DTM)、エイドリアン・ザウグ(ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのテスト・ドライバー)。この4人が初めてチームを組み、闇に包まれたコースで光と競争するユニークなレースに挑みます。チタンFSTTM(チタン油膜強化技術)で強さを増したカストロールエッジを使用し、ドライバーたちは限界のパフォーマンスに挑みます。*DTM=ドイツ・ツーリングカー選手権
[https://www.youtube.com/watch?v=0WKis4NYLHo ]

ブラックアウトは、数百本の光線で構成された世界初、暗闇の最新鋭サーキットです。コースは4台のマシンがリレーできるように設計されたもので、4人のドライビング・テクニックが試されます。サーキットコースはドライバーと車を限界まで追い込み、人とマシンが一体となり、その強さが試されます。

コースに用意されているそれぞれのステージで、ドライバーは、レーザー・トンネル、レーザー・ドリフト、スラローム、レーザー・ボックスなど次々に現れる光の障害に挑み、自らの反射神経を頼りに速度を限界まで上げながら、光とのレースを続けます。ケン・ブロックは、マイク・ロッケンフェラーのアウディR8V10を越えるパフォーマンスを披露。ケン・ブロックの運転する2014年型フォード・フィエスタSTRX43にスピードメーターとタコメーターがなかったこと、路面が雨で濡れていたことなどを考えると、このパフォーマンスは特に難度の高いパフォーマンスだったと言えます。

トライアルの撮影後、ケン・ブロックはこう述べています。「ブラックアウトはこれまでに経験したどんなこととも違っていました。まるでビデオ・ゲームの中にいるような体験でした。私は他のドライバーと連携し自分のドライビングポジションを調整しながらコースを攻めていましたが、サーキットコースは現れたかと思えば消える、そんな状態が続いていました。簡単だったとはとても言えません。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング