いざという時も、なじみの食品でおいしさと安心を

PR TIMES / 2014年12月18日 15時18分

~江崎グリコの非常用備蓄食料~

地震に洪水、土砂崩れ、火山噴火…各地で未曾有の天災が続く災害大国日本。
これらの教訓を生かし、各自治体・企業を中心に防災のための食料備蓄への動きが高まっています。江崎グリコでは、ふだん親しまれているお菓子や食品をベースに、おいしさと食べやすさなど様々な工夫を凝らした非常用備蓄食料を提案。いざというときに皆様のお役に立てる商品を展開しています。(2014年12月発行)



1. 拡大する備蓄食料市場

●防災・食料備蓄に対する意識が向上


 阪神・淡路大震災や東日本大震災の経験から、日本全国で防災や食料備蓄に対する意識が高まっています。一般家庭ではいざという時に備えて防災バッグや保存食をストックする家も増えています。
 また、震災時に都市部で交通機関が麻痺し帰宅困難者が続出したことで、家庭だけでなく日中滞在している会社や学校などにも食料備蓄などの備えが必要だという意識が高まりました。
 このような背景から、一般家庭・企業・自治体などで食料の備蓄が進み、市場の規模は2015年度は約160億円規模にまで成長すると見込まれています。

2. 進化する備蓄食料


 これまでの備蓄食料は乾パン・缶詰など、生きるために必要最低限なものが中心でした。しかし大規模災害時に実際使用された現場からは使いやすさや保存のしやすさなど様々な声があがっており、その教訓やニーズを生かして改良・進化した商品が増えています。例えば火がなくても温かい食事がとれるよう工夫されているもの、箸や皿などの食器類がなくても手軽に食べられるものなど、あらゆる環境でも対応できるように様々な新発想が盛り込まれています。
 江崎グリコでも、防災ニーズに対応した食品を開発・販売しており、いざという時の助けとなる工夫を凝らした商品を展開しています。

進化1. コンパクトで保存しやすく


 江崎グリコの備蓄防災食は、ビスコやグリコを缶詰の中に入れた「保存缶」が始まりです。災害時は非日常的な時間・空間に身をおくことで、身体的にも精神的にも過度のストレスにさらされてしまいます。そのような緊急時には、食べやすく馴染みのあるお菓子へのニーズが高く、その声に応えるため、製造後5年3か月間保存できる缶詰タイプとして開発されました。
 また、企業や自治体の導入が進んだ2013年からは、コンパクトで保存しやすい真空パックタイプの「コンパクト ビスコ」を発売。大量、長期の保存が求められる企業や自治体での食料備蓄に貢献しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング