アボットの次世代薬剤溶出ステントXIENCE PRIME(R) (ザイエンスプライム)

PR TIMES / 2012年4月10日 11時29分



アボットの次世代薬剤溶出ステントXIENCE PRIME(R) (ザイエンスプライム)
日本で承認を取得 
・ 一連のSPIRIT試験によって実証されているXIENCE V(R)の安全性と有効性を継承
・ ステントデザインとデリバリーシステムの向上による優れた通過性
・ エベロリムス溶出ステントとして初のステント長である33mmと38mmを提供
2012年4月10 日 アボット バスキュラー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、プレジデント ジャパン統括:ハービンダー・シン)は、冠動脈疾患治療用の次世代XIENCE PRIME (R)薬剤溶出ステント(販売名:XIENCE PRIME 薬剤溶出ステント、医療機器承認
番号:22400BZX00145000)が厚生労働省より製造販売承認されたことを発表しました。

XIENCE V(R)エベロリムス溶出冠動脈ステントは、日本の薬剤溶出ステントマーケットでトップシェアを有します。この度日本に導入されたXIENCE Vの次世代品であるXIENCE PRIMEは、XIENCE Vと同じ薬剤と生体適合性ポリマーを使用しています。 ステントデザインとデリバリーシステムを向上させたことで、より優れた柔軟性、十分なラジアルフォースそして長軸方向の強度を有します。また、XIENCE PRIMEでは、新たにXIENCE Vでは展開されていなかった33mmと38mmの長さを販売します。

XIENCE PRIMEは、MULTI-LINKシリーズのステントデザインに基づき設計されています。コバルトクロム技術を採用しており、長軸方向の強度をもたらしステントを安定させる「peak-to-valley (山・谷)」の構造から成るデザインが特徴です。さらに、XIENCE PRIMEは、ラジアルフォースや血管サポート力を維持しながら、現在販売されている薬剤溶出ステントの中では最も薄いストラットを有する製品のひとつです。
帝京大学医学部附属病院 循環器内科 教授の一色高明医師は次のように述べています。「これまでにXIENCE Vによって実証されている安全性と有効性を継承しているXIENCE PRIMEは、冠動脈疾患患者に対して、今後も良好な予後をもたらすでしょう。また、XIENCE PRIMEはデリバリー性能に優れたエベロリムス溶出ステントとして初となる33mmと38mmという長いサイズを新たに展開することにより、困難で複雑な病変へのアクセスにおいて非常に有用なステントとなるでしょう。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング