第7回「全広連鈴木三郎助大賞」は河北新報社「ありがとうの詩」プロジェクトに決定

PR TIMES / 2013年4月8日 16時58分

5月開催の全広連創立60周年記念第61回全広連青森大会で贈賞

第7回「全広連鈴木三郎助大賞」は、3月26日に開かれた同賞選考委員会にて、「ありがとうの詩」プロジェクトを実施した河北新報社「ありがとうの詩」プロジェクト事務局に贈賞することが決まった。
また、「全広連鈴木三郎助大賞選考委員会特別賞」2点を、「日本人の忘れもの」キャンペーン第2部を実施した京都新聞社、「日本人の忘れもの」キャンペーン推進委員会および、「みんなが生徒 山ほど楽しい気づきの場~『六甲山大学』プロジェクト」を実施した神戸新聞社、六甲山大学実行委員会へ贈賞することを合わせて決定した。
贈賞は5月15日、青森市で開催される全広連創立60周年記念第61回全広連青森大会式典の席上行われる予定。

第7回「全広連鈴木三郎助大賞」は、3月26日に開かれた同賞選考委員会にて、全広連加盟の各地9広告協会9応募作品の中から、仙台広告協会応募の「ありがとうの詩」プロジェクトを実施した河北新報社「ありがとうの詩」プロジェクト事務局に贈賞することが決まった。
また、「全広連鈴木三郎助大賞選考委員会特別賞」2点を、京都広告協会応募の「日本人の忘れもの」キャンペーン第2部を実施した京都新聞社、「日本人の忘れもの」キャンペーン推進委員会および、神戸広告協会応募の「みんなが生徒 山ほど楽しい気づきの場~『六甲山大学』プロジェクト」を実施した神戸新聞社、六甲山大学実行委員会へ贈賞することを合わせて決定した。両賞は4月16日に開催される平成25年度第一回全広連理事会において正式承認され、贈賞は5月15日、青森市で開催される全広連創立60周年記念第61回全広連青森大会式典の席上行われる予定。各賞の概要、贈賞理由は以下の通り。

第7回「全広連鈴木三郎助大賞」 1点
■タイトル/「ありがとうの詩」プロジェクト
実施/河北新報社「ありがとうの詩」プロジェクト事務局
表彰/同上

東日本大震災で多くの支援や温かいメッセージをいただいた方々への感謝の気持ちを詩に託し、想いを伝える「ありがとうの詩」を2011年5月から河北新報紙面やWEBを通じて募集、日本全国や世界中に発信すべく「ありがとうの詩」プロジェクトをスタート。460作品の中から最優秀作品と優秀作品を紙面で発表。宮城県にゆかりのある音楽家が楽曲集(CD)として制作、詩集と楽曲集を併せた「ありがとうの詩」を2012年3月に発売、収益は義援金として宮城県に寄託した。協賛26社は、自社のロゴを裏表紙に入れ込んだ特別バージョンのCD制作を行うなどプロジェクトを全面的にサポートした。
2012年3月9日~20日には発売記念として仙台三越で「ありがとうの詩」入賞作品展を開催し、詩人和合亮一氏の詩の朗読などが披露された。また、ニューヨークのコンサートで楽曲使用、ロンドンのジャパンフェスティバルで詩の朗読がされるなど海外にもプロジェクトの想いが広がった。震災から2年経過した2013年3月11日、宮城県と河北新報社共催のもと、「ありがとうの詩」をテーマにした3.11メモリアルイベント「伝えよう ありがとう そして新たな一歩へ」を実施した。
被災地への支援に対する感謝、亡くなった方や失われてしまったふるさとへの感謝の想いが詰まった心を打つ秀逸なキャンペーンであり、シンプルなアイディアが様々なメディア、イベントへと大きく展開しながら力強いメッセージを発信し、多くの人々に感動を与えた点が高く評価された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング