速読トレーニングのための 「読まない読書のススメ。」 Android版を発売。

PR TIMES / 2013年12月19日 16時14分

iPhone版に続くAndroid版の発売で、より広いスマートフォン・ユーザーに対応。

デジタルコンテンツの企画・開発を手がけるクーリエ株式会社(本社:新宿区新宿 代表取締役:井上哲雄)は、2013年12月19日に速読トレーニング・アプリ「読まない読書のススメ。」Android 版をGoogle Play(運営:Google Inc.)より提供を開始します。
本年10月のiPhone版に続く、今回のAndroid版の発売により、より多くのスマートフォン・ユーザーに利用いただくことが可能になります。
スマートフォンならではの操作性を活かした全10種類の速読トレーニング・ゲームは、どれも短時間かつ片手で遊べる手軽さを重視。また、速読メソッドである“読まない読書法”については、5つのエピソードからなるストーリーと体験的なクイズで解説し、同種の他社製アプリと比較しても、その充実した内容が特徴です。



Android版 アプリ「読まない読書のススメ。」は、脳を健康に保ちたい高齢者、ビジネス・スキルアップに取り組むビジネスパーソン、受験を控える学生など、幅広いユーザー層を対象にした速読トレーニング・ゲーム・アプリです。収録されているトレーニング・ゲームは全部で10種類。 これらを毎日1回、繰り返しプレイすることで速読力を向上させようというものです。どれも1ゲーム数分程度のプレイ時間になっていますから、通勤・通学の合間やちょっとした空き時間に遊ぶことができます。
そして、今回のAndroid版の提供開始により、さらに多くのスマートフォン・ユーザーにご利用いただくことが可能になりました。

本アプリには、トレーニング・ゲームの他、2つの読み物コンテンツも用意されています。一つは速読の仕組みや意義、各トレーニングの目的やコツなどを体験クイズや図解を交えて、分かり易く解説した「読まない読書のしくみ」。もう一つは、ストーリー仕立てで速読の世界を紹介する「スピード・リーディング・マン」。あるサラリーマンと速読を使いこなす男との謎掛けのような会話から、速読についての謎が徐々に解明されていきます。

スマートフォンやタブレットなどの登場によって、読書環境は近年大きく様変わりしている今、本アプリ「読まない読書のススメ。」は、紙とペンが中心だった旧来の地道なトレーニングというイメージを一新することを目指しました。同時に、高齢者向けの脳トレ効果、情報過多時代の記憶術、理解力向上などの効果にも着目し、スマートフォンならではの操作性を活かした、楽しみながら続けられるトレーニング・アプリになっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング