本や雑誌の内容をクイズ形式で楽しめる無料アプリ「Bookドリル」のiOS版をApp Storeにて提供開始!

PR TIMES / 2014年8月26日 18時35分

Bookドリルは、話題の本や雑誌1冊の概要を、たった3分で把握できるクイズ形式の診断アプリとして提供するサービスです。

株式会社 ライムス(所在地:東京都中央区、代表取締役:吉村光司)は、『本や雑誌と3分間で対話する。』 クイズ形式の無料診断アプリ 「Bookドリル」のiOS版を、2014年8月26日(火)よりApp Storeにて提供開始しました。
※Android版は、2014年8月20日(水)より好評配信中です。



■本や雑誌の内容をクイズ形式で楽しめる無料アプリ「Bookドリル」
http://www.bookdrill.jp/

【提供の背景・エンドユーザーに対して】
スマートフォン、タブレット等の普及によって、これまで以上にエンドユーザーは情報入手に対するデバイスが増えており、読書への時間を十分に確保することが難しくなっています。そこで、1冊あたり3分程度で本のエッセンスを効果的に吸収でき、また更に深く知るための機会を提供する窓口となるソフトウェアが必要であると考えました。

「読書意欲はあるが何を読んで良いのかわからない」「忙しくて読書する時間がない」という潜在的な読者層の課題を解決し、「読んだ本の内容を本当に理解できているか知りたい」「本の著者からアドバイスをもらいたい」という読書家のニーズに応えるべくBookドリルを開発しました。

Bookドリルは、エンドユーザーに「時間」と「機会」を提供します。


【提供の背景・本の著者、出版社に対して】
取次ルートを経由した出版物の販売金額は、9年連続で前年割れとなり、金額ベースでは575億円のマイナス。1996年のピーク時の2兆6564億円と比較すると、約63%の水準になっています。
今年3月に政府は紙の書籍だけに認めてきた「出版権」の対象を、電子書籍にも広げる著作権法改正案を閣議決定しました。電子書籍の海賊版の流通が判明した際、著者など著作権者だけでなく、出版社側も差し止め請求訴訟を起こせるようになります。※2015年1月施行予定。
著作権者との契約に基づき出版権を設定された出版社は、著作権者から原稿の引き渡しを受けてから6カ月以内に電子書籍を出版する義務を負うことになります。出版物の電子化が進められている現在ですが、昨年の統計によると電子書籍で売れているのはマンガが88%であり、Bookドリルの対象となるビジネス、実用書等のカテゴリの販売シェアは1%に満たない状況です。
今後、ビジネス、実用書においても電子書籍が増え続けていくなか、出版社と著者にとっては、これまでにはない新たなマーケティングが求められています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング