-サイズに関するお悩み解消- 日本を代表するヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんもオーダーしたARCODIO(アルコディオ)の新サービス「カスタムオーダー」2020年10月23日(木)15時開始

PR TIMES / 2020年10月22日 9時15分

イタリアのクラシックシャツに採用される「袖の後付け」「ハンドステッチ」などの縫製技法を施し、¥5,500で提供するドレスシャツ スペシャリティ ブランド「ARCODIO(アルコディオ)」の新サービス

ARCODIOのこだわりポイントをそのままに、ご自身の身体に合わせてパターンを補正し、自分だけのフィッティングにカスタマイズできるオーダーシステムを導入します。
日本を代表するヴァイオリニスト 葉加瀬太郎さんに一足先にご注文いただき、その着用感についてインタビューしました。さらには、デビュー30周年記念のオリジナルアルバムにかける思いについてなどが盛り込まれたスペシャルコンテンツを公開します。
https://arcodio.com/





[画像1: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-169258-18.jpg ]





日本を代表するヴァイオリニスト葉加瀬太郎さん スペシャルインタビュー



[画像2: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-809382-13.jpg ]


【プロフィール】
葉加瀬 太郎(Taro Hakase)
1968年大阪生まれ 日本を代表するヴァイオリニスト。

4歳でヴァイオリンを習い始め、10歳で本格的にヴァイオリン教室に通い始め技術を磨き、中学2年で西日本コンクールで2位となった。その後、東京藝術大学に入学した後、学生で結成された『クライズラー&カンパニー』の中心人物として音楽界に登場。クラシックやポップスといったジャンルの垣根を越えて人気を博すが、1996年に解散。
アート・リンゼイ・プロデュースによる『watashi』(1997年)でソロデビューを果たす。多くのアーティストへの楽曲提供や、タイアップテーマ音楽は数知れず。


また、2015年にはGQ Men of the Year 2015にも選ばれるほど、ファッション好きでも有名。

今年はデビュー30周年。デビュー30周年記念のオリジナルアルバム『FRONTIERS』が2020年9月2日(水)にリリース。アルバムのリリースに続いて、2020年9月18日(金)からは全国コンサートツアー<30th Anniversary TARO HAKASE CONCERT TOUR 2020 葉加瀬太郎 コンサートツアー 2020 FRONTIRES>を開催。

最近スタートしたYouTubeチャンネル:葉加瀬太郎 Official YouTube Channelも好評更新中
https://www.youtube.com/channel/UCp9UiMjQzZG1TBPCZvCuvLg



葉加瀬太郎さん、人生初のカスタムオーダーシャツ


[画像3: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-559007-14.jpg ]


ご自身の身体に合わせてパターンを補正し、シャツを作るARCODIOのカスタムオーダーを、葉加瀬太郎さんにご注文いただき、その着用感についてお話いただきました。

ARCODIO---カスタムオーダーでパターンを補正しましたが、特に不具合はありませんでしたか?

葉加瀬さん---全然!本当にcomfortable(快適)!! 僕は、スーツが大好きで旅先にも必ず1着は持って行き、できるだけスーツを着たいと思うのですが、東京の夏は本当に暑いので、なかなかスーツを着用する機会が少なくて。

9月に入ってから、少しずつ涼しくなってきて、スーツを着る機会も増えたので、本当に素晴らしいシャツに出会えて、更に幸せです。

職業柄、左腕が長い事と、急遽外出先でヴァイオリンを弾く事も多いので、スーツのジャケットからシャツのカフスが綺麗に見えるバランスとか、(腕を曲げてヴァイオリンを弾く為、袖丈をすこし長めに設計したり)かなり細かく作ったのですが、その辺も完璧でした!


[画像4: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-315722-15.jpg ]

今回ご注文いただきましたシャツ生地はDAVID & JOHN ANDERSON(デヴィッド・ジョン・アンダーソン)のSea Island Cotton(シーアイランドコットン/海島綿)と、世界最高峰の生地。

葉加瀬さん---生地ももちろん素晴らしいですが、それより何より自分の身体に合うシャツを着る事がどれだけ大切なのかを、今回気付かされました。
今までも本当に洋服が大好きで気を遣ってきたのですが、カスタムオーダーシャツという世界に足を踏み入れたら、もう既製シャツには戻れないですね!(笑)


デビュー30周年記念のオリジナルアルバムにかける思いについてなど、大変貴重なお話も伺えました。
詳しくはARCODIO(アルコディオ)サイトに掲載。是非ご覧ください。
https://arcodio.com/pages/specialinterview_hakase_taro






ARCODIOについて


毎日着るものだからこそ、ディテールにまでこだわった語れる1着を。
毎日着るものだからこそ、縫製技法がもたらす最良の着心地を。
毎日着るものだからこそ、価格を超える価値観を。

ARCODIO(アルコディオ)は、イタリアのクラシックシャツに採用される「袖の後付け」「ハンドステッチ」など伝統的縫製技法を随所に施し、¥5,500(+tax)~提供するドレスシャツ スペシャリティ ブランドです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-153227-16.jpg ]




カスタムオーダーでお客様からのお問い合わせが多いサイズに関するお悩みを解消


[画像6: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-903336-17.jpg ]

これまで、ARCODIOを利用したいが、身体に合わない・・・、ネックサイズに合わせると、身頃サイズが合わない・・・、時計をつける左腕だけカフスまわりを大きくしたい・・・など、お客様からのご要望、貴重なお声を沢山いただいてきました。

今後、より沢山のお客様にARCODIOをご利用いただけるよう、ARCODIOのこだわりポイントをそのままに、自分だけのフィッティングにカスタマイズできる新サービス「カスタムオーダー」のシステム導入。
お客様のサイズに関するお悩みを解消します。

「カスタムオーダー」では、ネックサイズとボディサイズで異なるサイズを組み合わせられるほか、肩幅やウエスト、着丈やカフスまわりなども調整可能。無料オプションでイニシャル刺繍や、胸ポケット付きシャツなど、既製品には無い仕様も追加。

お客様お一人おひとりの身体に合ったシャツをお好みの仕様で¥9,000円(+tax)~ 作製できます。


ARCODIOの中でもファンの多い生地を厳選したバリエーション

ARCODIOの定番生地「140番手双糸ブロード」は、半年近く独自開発を行い、納得の商品として完成したリンクルレジスタント(防シワ加工)。
高番手のシャツ生地の魅力であるシルクのような滑らかさと光沢感を保ちながら、これまで唯一のデメリットだった小じわが付きやすく、アイロンでも消えにくい問題を解消。ARCODIOスタート当初より、ご愛顧くださっているファッションディレクターの干場義雅さんも大絶賛の生地です。

その他、日本を代表するヴァイオリニスト 葉加瀬太郎さんがオーダーした【DAVID & JOHN ANDERSON】Sea Island Cotton ブロードなど、ARCODIOならではの高品質な生地バリエーションで、全12種類を展開。

-140番手双糸ブロード_リンクルレジスタント_ホワイト 9,000円(+tax)
-140番手双糸ブロード_リンクルレジスタント_サックスブルー 9,000円(+tax)
-140番手双糸マイクロツイル_ホワイト 9,000円(+tax)
-140番手双糸ヘリンボーン_ホワイト 9,000円(+tax)
-140番手双糸ピンオックス_ホワイト 9,000円(+tax)
-3functionsブロード_ホワイト 9,000円(+tax)
-3functionsピケ_ホワイト 9,000円(+tax)
-3functionsカラミ風ドビー_ホワイト 9,000円(+tax)
-ロイヤルオックスフォード_リンクルレジスタント_ホワイト 9,000円(+tax)
-120番手双糸スムースジャージー_ホワイト 10,000円(+tax)
-【THOMAS MASON】ブロード_ホワイト 19,000円(+tax)
-【DAVID & JOHN ANDERSON】Sea Island Cotton ブロード_ホワイト 25,000円(+tax)


ボディモデル 全2種類 ※レギュラーシルエット新登場 


ARCODIOはイタリア人ディレクターを入れながらも、日本人の身体に合うようにパターン設計を行っています。
カスタムオーダー導入に伴い、既製品にはないレギュラーシルエットを新たに作製。
下記2種類のボディシルエットからベースのシルエットをお選びいただけます。

-ALBERTO(アルベルト)
既成品と同じく、背ダーツのあるスリムフィットシルエットです。
[画像7: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-180502-11.jpg ]



-DANTE(ダンテ)
こちらはカスタムオーダー用に新しく作製したモデルで、サイドにタックを入れてゆとりを持たせたレギュラーシルエット。

[画像8: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-634148-12.jpg ]




カフス 全3種類 ※ダブルカフスとコンバーチブルカフスが新登場

-シングルカフス
ARCODIOでは、ボタンを留めると円錐の様な形状で手首に沿う円錐カフスを採用。フィット感のある着用感です。
[画像9: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-675481-8.jpg ]

-ダブルカフス
これまでお客様からのご要望が多かったダブルカフスも、カスタムオーダー導入に伴い新たに追加。
[画像10: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-405369-9.jpg ]

-コンバーチブルカフス
片方にボタンが付き、両方にボタンホールがある、ボタンでもカフスボタンでも留めることが出来る両用スタイルのカフス。
[画像11: https://prtimes.jp/i/43522/2/resize/d43522-2-602824-10.jpg ]




カスタムオーダーならではの特別オプション

カスタムオーダーはサイズを調整できるだけではなく、既製品にはない、カスタムオーダーならではの特別オプションを無料で追加・選択できます。

-イニシャル刺繍
-胸ポケット有無
-ボタン付け方法(クロス・鳥足)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング