大阪生まれ、欧州発のSAKEがG20大阪サミット2019にて提供されました

PR TIMES / 2019年7月30日 19時40分



PRESS RELEASE   2019年7月30日

日本の蔵元として初めてヨーロッパに生産拠点を構えた大阪発・堂島酒醸造所の純米酒「DOJIMA(堂島)」、「CAMBRIDGE(懸橋)」がG20大阪サミット2019 にて提供されました

[画像1: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-499297-0.png ]

英国・ケンブリッジ郊外でSAKEを造り、その魅力を世界に広めているDojima Sake Brewery UK&Co.(英国・CEO 橋本清美)が世界に誇る純米酒が6月29、30日で開催されたG20大阪サミット2019の会場で各国の参加者に提供されました。

6月29日に開催された配偶者プログラムにおいて、Dojima Sake Brewery UK&Co.のフラッグシップである「DOJIMA(堂島)」がお披露目され、お寿司と共にゲストの方にお楽しみいただきました。
また、希望するゲストには「DOJIMA(堂島)」、そして日本と世界の文化の懸け橋になることを願って命名された「CAMBRIDGE(懸橋)」とのG20特別セットをお土産の一つとしてお持ち帰り頂きました。

堂島酒醸造所(Dojima Sake Brewery UK&Co.)は、G20の舞台となった大阪市にあるビール醸造、酒造コンサルティング、テナント業を営む会社 堂島麦酒醸造所(大阪・代表取締役社長 橋本良英)が英南部ケンブリッジ郊外に建設したSAKE醸造所で、本物の日本酒の魅力を世界へ広めることで日本酒の価値向上を目指し、2018年秋に日本の蔵元として初めて欧州・英国に進出しました。
このG20大阪サミットでは、大阪市から世界に羽ばたく企業として当社が選出され、商品提供を行いました。
英国の堂島酒醸造所は、年間でそれぞれ最大10,000本を生産するほか、研修施設として次代を担うSAKE
醸造家の育成を目指しており、世界中の人を対象に醸造所のツアーを開催しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-986057-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-700811-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-553574-3.png ]



(写真左から:醸造所・テイスティングの様子・18世紀に建てられた重要文化財に指定されているマナーハウス)


堂島酒醸造所 商品ラインナップ 

DOJIMA 堂島
厳選された日本のお米と英国フォーダムの地下水を使用して造られる DOJIMA は、構想から 5 年の歳月を掛けて生み出され、堂島酒醸造所が掲げる最高級品質のお酒を世界に広めるという夢を具現化したブランドのフラッグシップ。 徹底した温度管理と衛生管理のもと丁寧に仕込まれ、バランスのとれたキレの良い芳醇な味わいと優しい香りが特徴です。

[画像5: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-295673-4.png ]

麹米: 兵庫産山田錦 70%
掛米: 兵庫産山田錦 70%
容量: 720ml
アルコール分: 15度
使用酵母: 901
麹: 当蔵にて製麹
価格:1,000ポンド (約15万円)
*日本円は為替レートに準ずる


CAMBRIDGE懸橋  
最終工程で通常は水を使うところに自社で製造した純米酒を用いて仕込んだ貴醸酒(きじょうしゅ)です。記念日に華を添えるシャンパンやワインのような祝福の象徴として、3 年のセラー内熟成の中で時間と共に濃醇なSAKEとなり、香味だけでなく時間の経過をも楽しめる商品となっています。SAKEの名前はケンブリッジの地名に掛けており、「懸」を訓読みして「ケン」、「橋」を英訳して「ブリッジ」。同酒造所のコンセプトは「懸け橋」で、「日本と世界を繋ぐ文化の橋」を意味しています。

[画像6: https://prtimes.jp/i/47393/2/resize/d47393-2-802645-5.png ]


麹米: 兵庫産山田錦 60%
掛米: 秋田酒こまち 70%
容量: 720ml
アルコール分: 16度
使用酵母: 901
麹: 当蔵にて製麹
価格:1,000ポンド (約15万円)
*日本円は為替レートに準ずる


注:) 国税庁の規定により日本国外で製造された清酒は、日本の酒米を原料にしていても「日本酒」とは呼べないため、「Sake」という呼び方が海外では定着しており、本プレスリリースでもSAKEと記載しております。

【堂島酒醸造所】
「SAKEと酒造りの文化と精神を世界へ」
200年以上の歴史を持つ寿酒造にルーツを持つ「堂島麦酒醸造所」が2018年秋に英国ケンブリッジ郊外にオープンさせた堂島酒醸造所。
SAKEをより多くの人に知ってもらいたいと、蔵元やビジターを招いてテイスティングイベントやセラーツアーをアカデミックに行う傍、SAKEの高い品質を保ち、かつ向上させるべく世界酒醸造協会を立ち上げ、世界中の蔵元をつなぐプラットフォームの構成に加えて、世界で需要が高まる日本酒やSAKEのまがい物の蔓延などを防ぐため伝統に基づいて造られた酒にのみ認証マークを与える取り組みも行なっている。
堂島酒醸造所では「DOJIMA(堂島)」、「CAMBRIDGE(懸橋)」それぞれ年間最大10,000本の生産を予定しており、ケンブリッジの酒蔵所もしくはアンバサダーの資格保有者からのみ購入可能。


堂島酒醸造所 (Dojima Sake Brewery UK & Co.)  
ウェブサイト: https://dojimabrewery.com/
Facebook: @DojimaSake

◆お問い合わせ
堂島酒醸造所 PR担当(日本) 橋本
Mail : info@dojimabrewery.co.uk

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング